リコー「GXR」を使用レポ

リコーGXRの使用レポートがASCII.jpに掲載されている。

ASCII.jp:ユニット交換式デジカメ リコー「GXR」を試す
リコーのGシリーズはこれまで、あくまでマニア向けハイエンドコンパクト機の「GR」と、より実用的でリーズナブルな「GX」の2本立てだった。12月上旬発売予定の「GXR」(関連記事)は、そのGX/GR系列の流れを汲みつつ、レンズと撮像素子を一体化したカメラユニットを、まるで一眼レフ機のように交換するというユニークなコンパクトデジタルカメラだ。

作例などの画像もあり、なかなか。GRシリーズよりは高感度の画質が向上していることが述べられている。

結論の部分では「GRとして楽しむかGXとして使うか」というタイトルで、

GXRはGRとGXの機能を盛り込んで強力なコンパクトカメラシステムに仕上がっている。とはいえ、GXRが文句なくオススメかというと、かなり悩むところ。GXR用のもう1つのカメラユニットである「RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC」(以下、S10)は焦点距離や光学式手ぶれ補正の搭載など、ほぼ「GX200」と同程度のスペックになるのだが、比較的リーズナブルなGX200(実売価格5万円以下)に比べてGXR(予想実売価格5万円前後)+S10(同4万円前後)で、計9万円前後になる。  カメラユニットをA12に交換すればGRを超える絵が撮れるというのは確かに魅力ではあるが、それでもGXR+A12(予想実売価格7万5000円前後)を揃えればGRIIIとGX200を一緒に買えてしまう金額であり、写真の品質だけでなく満足度という点を考えてもみても費用対効果を考えてしまう。

と書いているが、まさにその通りだよなあ、と思う。

やはり交換のレンズユニットがでないことには話にならないですね。

Sigma 10-20mm F3.5

シグマ「10-20mm F3.5 EX DC HSM」 - デジカメWatch
キヤノンのAPS-Cデジタル一眼レフに装着した場合の画角は、35mm判換算で焦点距離16〜32mm相当。肉眼の視界を超えた超広角域から、扱いやすい広角域まで、これ1本で楽しめる。純正のEF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMに対する最大のアドバンテージは、開放F3.5固定という点。プログラムAEでスナップを撮る場合は開放F値固定の恩恵を感じることはあまりないが、F値を吟味しながらの作画では非常に使いやすい。  重量は520gと決して軽量ではないが、EOS 50Dとの組み合わせでは丁度いいバランス。フィルター径は全域開放F3.5としたためか、82mmでけっこう大きめ。フルサイズ機にも使えるEF 16-35mm F2.8 L II USMと同じで、直接のライバルとなるAPS-C専用のEF-S 10-22mm F3.5-4.5 USMの77mmよりも大きい。本体はシグマ独特の質感で高級感も感じられるが、EO

 周辺はやや流れ気味だけれども、10-20mmという焦点距離を考えればすばらしいでしょう。

 10mm(16mm相当)だとかなり特殊レンズで使いにくいと思うんだけれども20mm(32mm相当)だと完全に常用領域になるだろうから、これ一本をつけっぱなし、という使い方もいがいと良いかもしれん。

写真を自動投稿「CEREVO CAM」

写真を自動投稿できる無線LANデジカメ「CEREVO CAM」が12月発売 -BB Watch
写真の自動アップロードは、事前に登録した無線LANアクセスポイントが周囲にあるかを本体が確認した上で実行。また、デジタルカメラの利用状況や周囲の無線LANアクセスポイントの有無を学習して、本体の未利用時間帯に写真をアップロードする機能を備える。保存メディアはmicroSDカードで、アップロードが完了した写真はサムネイル画像(合計1GBまで)のみが本体に残され、オリジナル画像は自動削除される。なお、microSDHCカードの利用には現時点で対応しない。  カメラ部には、900万画素のCMOSイメージセンサーを搭載。画角は左右55度、固定焦点で、焦点距離は35mm換算で42mm相当。また、有効範囲4mのフラッシュ機能も備える。保存形式はJPEGだが、動画撮影に対応させるファ%u3

 二万円切るならかなり安いという気がします。ただ、デジカメとしての性能はこの外見から見てあまり期待できそうに無いですが。

 焦点距離が35mm換算で42mmってのもいまどきのデジカメにしてはかなり長めの焦点距離ですね。

G-Shockデジカメ『Exilim EX-G1』

カシオのタフなG-Shockデジカメ『Exilim EX-G1』 (WIRED VISION):ニュース
カシオは、耐衝撃カメラはタフに見えるべきだということを理解した。この種のカメラは普通、大型で丸っこいイメージのデザインで、原色であることが多いが、[『G-Shock』腕時計のコンセプトを受け継いだという]『Exilim EX-G1』は、ノブが付いたステルス機のようだ。3メートルの水中でも利用可能[水道水などで直接洗うこともできる]。零下10度でも使える。2.13メートルの高さから落としても壊れない(26の角度から試験したという

「カシオは、耐衝撃カメラはタフに見えるべきだということを理解した。」って意味が通りにくい。「カシオは耐衝撃カメラは見た目も頑丈そうじゃなければならないと気付いたようだ。」とかにしてくれ。

EX-FH25とEX-FC150

毎秒40枚!高速連写デジカメ : J-CASTモノウォッチ
カシオ計算機は2009年11月27日、毎秒40枚の高速連写機能を備えるデジタルカメラ2機種を発売する。 売り出すのは光学20倍ズーム搭載の「EX-FH25」と、幅99.8�高さ58.5�厚さ28.8ミリの小型サイズの「EX-FC150」。ともに、毎秒40枚の高速連写機能のほか、毎秒1000フレームの超高速動画の撮影機能を備える。高速連写を活かし、複数の連写画像を合成することで夜景撮影時や逆光での撮影時でもブレの少ない画像を撮影できる機能も搭載した。

 期待できるのはカシオやぁ。

PowerShot S90の記事

価格.comマガジン キヤノン渾身のハイエンドコンデジ「PowerShot S90」
キヤノン「PowerShot S90」は、2009年秋冬モデルのコンパクトデジカメの中で、もっとも注目を集めている製品といっても過言ではない。事実、価格.com「デジタルカメラ」カテゴリの注目ランキングでも1位(2009年11月12日現在)に輝いている。さらに言えば、PowerShot S90は、価格.com注目ランキングにおいて、製品が発表された直後にトップ10入りしただけでなく、同時発表されたフラッグシップモデル「PowerShot G」シリーズの新モデル「PowerShot G11」よりも常に上位に位置するという人気ぶりだ。まずは、そこまで人気を集める理由について整理しておきたい。

 価格.comの記事なんだけれども、やっぱりこのS90というのは大変バランスのよい機種という印象ですね。ただ、いま最安値は35000円くらいらしいので、ちょっと高い。

スタパ斉藤氏のレンズ交換式デジカメ

俺的レンズ交換式デジカメ生活 - ケータイ Watch
現在、どーにも手放せないデジカメが何台かある。これらは日々多用しており、ほぼ気に入っており、手放すと本格的に困ったり急いで代替機を探さねばならない存在だ。機種はキヤノンのEOS 5D Mark II、パナソニックのLUMIX DMC-GH1、それからオリンパスのペンE-P1。

 EOS 5D Mark IIはどこみてもすごい評判がいいですね。

 この三つが手放せない、ということなんだけれども、主力のEOS 5D Mark IIとあと一個サブでいいんじゃない、と思ってしまうのだが。

 E-P1は手放すか迷っていて、

手放したいかもしれない理由は、レンズ交換式デジカメいっぱい持っててもなぁ、ということ。あと、正直なところ、拙者この外観イマイチ好きじゃないんですな。単体としてはカッコイイと思うものの“PEN”の名が付くのにミョーに近未来入ってて……みたいな。ついでに、これまた正直に、オリンパス製デジカメのユーザーインターフェイスの、とくにソフトウェア面がどーも苦手。機能の置かれ方(位置やアクセス方法)が錯綜しているように感じてしまう。


 らしい。オリンパスのデジカメは古いのしか使ったこと無いんだけれども確かにユーザーインターフェースが悪かった印象がある。個人的にユーザーインターフェースが使いやすいのはペンタックスと、パナソニック、というイメージ。

エクシリム携帯「CA003」

「CA003」開発者インタビュー - ケータイ Watch
EXILIMケータイとしては3代目となる「CA003」が発売される。「CA003」は「EXILIMケータイ」の名にふさわしく、ケータイ電話でありながら広角28mm(35mm換算)で12.2メガの高画質カメラを備え、ISO感度は3200までサポート。オートベストショットや高速連写、Dynamic Photo、美撮りといった機能を搭載するなど、デジタルカメラのEXILIMに匹敵する機能を実現した意欲作だ。

 1220万画素もそうだが、ISO3200というのがすごい。

 「EXILIMケータイの購入者アンケート結果を見ると、初代W53CAは「5.1メガだから」、昨年発売したW63CAも「8.1メガだから」と、いずれも購入理由の第1位が「高画素カメラ」でした。 」だって。画素数って分かりやすい基準ではありますからね、とくによくデジカメをしらない人にとっては。

 しかしセンサーサイズは大きくなっていないらしい。

EXILIMケータイ W53CA はどこまでEXILIM? - [デジタルカメラ]All About
ケータイのカメラ機能というのはオマケ的な要素が大きい。こちらのガイド記事にも書いたように、どうしても本職のデジタルカメラにはかなわない部分が少なくない。また、画質においてもレンズを薄く、小型にする必要があるため、かなり不利になっているのが実際のところだ。「とりあえず撮れる」というレベルをいくらも脱していないのである。 そんな中、auから発売されるW53CAに、カシオはEXILIMのブランドを使用した。

 これは二年前の初代モデルの検証記事。500万画素。

 「デジタルカメラ以下、ケータイカメラ以上」という結論をだしている。実写画像もそんなかんじ。

スライド型のEXILIMケータイ「930CA」
カシオのデジタルカメラブランド「EXILIM」の名前を冠しており、カメラ機能が重視されている。カメラは、オートフォーカス対応の809万画素のCMOS。カメラのハードウェアは、auのEXILIMケータイW63CAとほぼ同等。カメラの画角は広角28mmレンズ。側面のシャッターキー半押しなどによるフォーカスロック機能もある。

 こちらは930CAで809万画素。


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM