LEDテスター

LEDテスター

これまでLEDをテストで光らせるにはブレッドボードと定電流ダイオードをつかって光らせていたのだけれども、これだと電流量を変えてテストしたりするのが面倒。

そこで、LEDテスターかってみた。

ライトパネルズ「ライトパネルズマイクロ」

LEDライトパネル

LEDライトのライトパネルズマイクロというものだそうです。

今回紹介するLEDライト「ライトパネルズマイクロ」(3万5,070円)もその中の一つ。米LITE PANELS社の製品で、国内ではマンフロットが代理店を務める。

 48個の白色LEDを使用し、無段階での調光に対応。単3電池4本で駆動する。なお、96個のLEDを搭載し、ボールヘッド雲台を付属する「ライトパネルズマイクロプロ」(6万9,930円)も販売している。

 マンフロットが国内で取扱う「ライトパネルズマイクロ」シリーズは、ラインナップの中でも小型モデルと見られる。もともとは映画、ドラマ、テレビ番組などの制作現場で使用されている製品で、そのようなシーンではより大型なモデルを使用しているようだ。

ライトパネルズマイクロでは、アルカリ乾電池で1.5時間、リチウム電池で7時間の連続照射が可能

ライトパネルズ「ライトパネルズマイクロ」 - デジカメWatch

この手のLEDライトパネルと言うのは最近各社から一気に出てきた言う印象がありますが、おそらく超高輝度白色LEDの輝度があがり、価格も下がったということが大きな要因ではないかと想像します。

他社のLEDパネルだったと思いますが、ヨドバシカメラアキバでもディスプレイしていました(電源はいらなかった)。

価格は3万5,070円だそうで、市販価格はだいぶ下がることは間違いないにしてもやはりちょっと高いかなあという印象。

こういうのを見るとついLED砲弾を秋月電子とかで買ってきたらいくらくらいで自作できるかなあ、とつい計算してしまうのですが、自作するとなるとやはりいろいろ難しいところもあるのでしょう。LEDにしてもただ超高輝度であればよいというのではなく、色の特性とかも重要だったりとかするんでしょう、きっと。

LEDリングライト自作キット

 LEDをつかってなにか作れないか、と考えたときにカメラを趣味としているものとしては自然と「リングライト」を自作してみたい、という気分になる。市販のリングライトというのはかなり高い。しかし、自作すればかなり安上がりに済むし、回路的には自作するのは難しいことしようと思わなければ簡単。

 しかし、実際にいろいろ考えていくと問題がけっこうある。一番大きいのはどうやって綺麗に円形に配置するか、ということ。ネットで調べてみると、塩ビ管の周りに取り付けたりしている例とか、FRPに穴をあけたり(LEDリングライト制作)とかなど見つけられるけれども、それはそれで大変そうだ。

 そんなんで調べてたら、なかなかよさげなリングライト自作キットをみつけた。「LEDリング照明 組立キット」というページ。昨年末にマルツパーツ館で電子工作講座として開講されたもので、これだけキットでも売っているらしい。

 24灯のものが6400円。48灯のものが7500円。ちょっと重そう。

ブラックライトで光るもの

こんなものを100円ショップで見かけて買ってきた。ZEBRAの蛍光ペンでOPTEX CLIPというものなのだが、これまでの蛍光ペンに比べて色がソフトで目に優しくちかちかしない、というものだそう。

zebra optex clip ソフトオレンジ

じゃあ、紫外線LED(というか紫外線を含む紫LEDといったほうが良い気がしてきた)で照らしたらどうなのか、というのが気になるところだ。まず、普通に書いてみると確かにいろは薄め。茶封筒のようなものにかくとほとんど分からないくらい。

オプテックスクリップ

これに紫外線LEDをあてると…



おお!と思わず声を上げそうになるほど非常にきれいに光る。画像ではなかなか伝わらないのだが、この画像での印象の10倍くらい明るく光っている印象。見とれるほど綺麗。



ホワイトバランス変えてみたりしてもなかなか上手く伝わらない…

ついでに他に紫外線に反応して光るものを照らしてみた。まず、Vaseline。これが光るらしい。

Vaseline

照らしてみると。

光る

じんわりと光るのだが、これもなかなか写真では伝わりにくい。

次にビタミンBが光るらしい、ということで家にあったビタミンBの錠剤(チョコラBBみたいなの)を水に溶かして紫外線LEDで照射。

Vitamin B溶液

これはVaselineより光ってかなり綺麗。

ほかにブラックライトで光るものといえば蛍石とか、ウランガラスとか、洗剤とかあるみたい。

蛍石といえばカメラレンズとして使われることがあり、蛍石レンズはバカ高いんだけれども、蛍石自体は安く買えるようなのでこんど見かけたら買ってみよ。

1W LED

 以前秋月電子で買った1W LED(OSW4XME1C1E-78)だが、そのままじゃブレッドボードにさせる形ではないので、このように加工し



 3.6Vのニッカド電池(YUASA 3-61FTH)と一緒にブレッドボードに乗せて、



 光らせてみた。



 400mAまで流せるのだが、この電池だとおそらく200mAくらいしか流れてないと思われる(計測すればいいのだが)。が、それでも大変明るい。



 しかし、これだと放熱に問題がのこる。

 それ以前に使い道が…

[追記]

 この1W LED(OSW4XME1C1E-78)の放熱方法に関してMira-Cuoreさんにコメントを頂きました。

 放熱用スター基盤の入手先なども書かれておりますのでぜひコメントもごらんください。

ダイソーLEDライト

ダイソーLEDライト







画像では青っぽいけど肉眼では白です。



 ダイソーで売ってたLEDライト。105円です。単四電池3本で白色LED3発を光らせる。こんなのが105円でかえてしまって良いのだろうか。

 欠点はとにかく油くさいことと、あまりに安っぽいこと。しかし105円なら仕方あるまい。明るさは十分です。

 どうせなら電池はこれまた100均シルクで手に入れたニッケル水素電池Volcano NZをといきたいところだが、Volcano NZは単三しかかってないのであった。

400nmの紫外線LEDは微妙

 昨日のつづき。精液に含まれる精漿が紫外線に反応して光る、というのだが、やってみたところ確かに光った。色はやや黄緑っぽい感じだろうか。

 しかし、紫外線LEDはやはり400nmというのでは紫外線効果は微妙みたい。紙幣の偽造防止マークのように400nmではダメで、375nmとか365nmくらいではないと反応しないというのも多い模様。ただし、400nmだと秋月電子で安価に簡単に手に入るが、365nmなどとなるとかなり高いみたいである。

 UV-LED日記というブログは、ナノライドセミコンダクターという紫外線LEDを開発している会社の方がかかれいてるブログで、紫外線の利用方法についていろいろあって面白い。たとえば、「紫外線LEDでの殺菌」では殺菌の効果について書かれているのだが、これも400nmではダメで365nmでは効果があったらしい。

 やはり400nmの紫外線LEDはイルミネーション用途かな…

紫外線LEDの使い道に悩む

uvled

 ちょっとまえに秋月電子で紫外線LED(UV LED)を買って来た。OSSV5111Aというもので、二個100円。

◆VF:約3.4V(最大4.2V)
◆中心波長:400nm
◆出力:45mW/sr
◆半値角:15度

 というもの。

 とりあえず光らせてみた。肉眼で見るよりも明るい印象になる。

uvled

 いわゆるブラックライトなので、蛍光ペンなどで書いたものが光るので、ためしてみる。まず、普通の状態。上はパイロットのブルーブラックインクで書いたもの。下が、ゼブラの蛍光ペンで書いたもの。

普通

 これに紫外線LEDを照射する。

UV照射

 分かりづらいかも。

 暗くしてみる。



 暗くすると肉眼で見るとかなり明るく綺麗に光っているのだが、写真では分かりづらいかもしれない。



 これのほうがわかりやすいかな。

 家にあった蛍光ペンが茶色の蛍光という微妙なものだけだったので、あまり発光っぷりががよろしくない感じ。あと、今思えば蛍光ペンの「太」のほうで書けばよかったかもしれない。

 それはそうと、紫外線LEDを買っては見たものの使い道としてはあまり思いつかない。ここの「紫外線LEDで遊ぶ」というページでは、時計に仕込んで綺麗に改造している。ほかにもいろいろ見てみるとイルミネーション用途が多い感じである。

 紙幣に塗布してある偽造防止用の特殊な塗料は紫外線ライトで光らせる、というのがあるのだが、やってみたら光らなかった。それはこのOSSV5111Aは波長が400nmであるためで、もっと短くないとダメらしい(「紫外線LED(UVランプ)の不思議な実験」による。375nmの紫外線LEDで光らせた画像もある)。

 他の用途としては殺菌の効果があるというが、やはりこれももっと波長が短くないとダメっぽい。あとは、写真のプラチナプリントなど古典技法では紫外線露光機が使われたりするが…。

 あと、YouTubeを見ていて見つけたのはこんなもの。



 精液が紫外線ライトに反応して光るらしい。それを利用して犯罪の捜査でつかわれるらしい。法医学のサイトによると

精液の90%を占める精漿の証明の一つとして紫外線照射がある。照射することによって、青白色・黄緑色の蛍光を放つ。しかし、蛍光剤入りの洗剤なども同様に発色するので注意が必要である。また、スペルミンやコリン結晶を観察する検査ではFlorence法が最も鋭敏である。また、精液に含まれる物質を検出する方法や、免疫学的方法もある。

 とのこと。これはいつでも実験できるといえば実験できる。が、実験してもさすがに画像はブログには載せられまい…(多分やるけど)。

[追記]紫外線で清漿が光るかブラックライトで光るもの


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM