ラーメンショップ 竜軒で380円ラーメンを食す



以前から気になっていたのだけれども入ったことのなかった秋葉原のラーメン屋(ラーメンショップと呼ぶべきか)に入ってみた。

「とらのあな」の脇の狭い通りを入ると「ラーメンショップ」の看板が目立つお店がそれ。



ラーメンが380円。昔懐かしいラーメンです、とか書いてあった。

醤油ラーメンを注文。

出てきたラーメンは確かに昔懐かしいスタンダードなラーメン。まあ、抜群にうまいとかそういうことはないけれども、普通に美味しかった。

ほかにおにぎり(しゃけか梅)が100円、ライスが150円、ライス小が150円。お米にこだわりがあるようなことが書いてあったのでおにぎりを頼んでみたけれども、まあ普通だった。

ここには詳しい説明があった。

「秋葉原は結構ご飯に困る」と言われたのも今は昔、現在ではほかの街と比べても遜色ないほど食事処の選択肢はあります。ただチェーン店が多く、秋葉原独自の味はなかなかありません。そこで今回は秋葉原でも老舗と呼ばれるラーメン屋「関取ラーメン 竜軒」に行ってみました。
  場所は中央通沿いのゲームセンター「S@Y」と同人誌ショップ「とらのあな」(改装中)の間の路地を入ったところで、「ラーメンショップ」の旗が目印です。
  ここのウリは350円で食べられる醤油ラーメン。そのほかにも味噌、塩、冷やし中華などやっていますが、今回は基本の醤油を頼んでみました。
  調理中に少し話しかけてみると、唯一の店員であるオヤジさんが「ここはラーメンになってから18年だね、その前は蕎麦屋だったんだ。近くにマクドナ○ドができた時が一番やばかった!」と聞いてもいないことまで威勢よく喋ってくれます。

ということで正式名称は「関取ラーメン 竜軒」というらしい。またラーメンこのときは350円だったみたいだからちょっと値上げしたらしい。

あと、「関取ラーメン」と打とうとしたら「席取りラーメン」になったけれども、席は5席くらいしかないので、ちょっとタイミングが悪いと本気で席取りになると思う。
JUGEMテーマ:秋葉原



アキバの歩道



先日雨の降る日に秋葉原に行った。

雨の日は、足元が滑りやすいので下を見ながら歩いていると、上の写真のようなものがあることに気づいた。これまで数え切れないくらい通っている道なのに、ぜんぜん気付いていなかった。

上の「こんにちは アキハバラへようこそ」のロボットは、秋葉原の入り口ともいえる上野広小路のあたり(若松通商の前あたり)にあり、道路を挟んだ反対がわの歩道にもあった。

ほかにも、いくつかあったので撮ってみた。

佐久間架道橋

佐久間架道橋

ニュー秋葉原センター」の上の鉄橋の部分。

文字があるので写真にとってみた。

拡大すると…

佐久間架道橋

「佐久間架道橋」とある。

佐久間架道橋で検索するとわずかに3件、実質的には2件しかヒットしない。

一件は早稲田大学理工学部の学生のレポート(?)。

もう一件は「鉄道橋梁塗装情報」というサイトなんだけれども、このページの充実ぶりはすごくて感動しました。

国際ラジオとニュー秋葉原センター

ニュー秋葉原センター

国際ラジオ

ニュー秋葉原センター

これもDSC-WX1によるスイングパノラマ。まだほかにもここらへんでとったのがあるはず、ともったらPentax K100Dでとったのもあった。下。

k100d

 日米商事のことをかいたとき(日米商事)にもちょっと書いたけれどもこのニュー秋葉原センターに入っている「国際ラジオ」という電子部品お店はかなり老化の進んだお店。どの部品も歴史を感じさせるものが多い。多くの部品がかるく十年以上は前からおいてありそうな雰囲気を漂わせており、やけに大量にある可変抵抗なんかは袋に山積みにされた状態で崩壊しており半分くらい土に帰り始めている。値段もインクの色が抜けてほとんどよくわからなくなっいたりする。

 国際ラジオの入り口は二つあり、右側の入口からはいって右手側には各種の抵抗がたくさん置いてあり、振り向いたところの棚にはモーターなどなどが並べられている。左側の入り口付近にはソーラーパネルと各種充電池があり、中に入ると左側にはスイッチ類やプラグ類などがある。二つの入口に挟まれた領域にはコンデンサーがかなりたくさんなれべられており、レジがあり、店主がいる。

 ジャンクが好きな私は秋葉原にいくとついこの国際ラジオによってしまうのだけれども、ほとんど買ったことはない。おそらく二回くらいしか買っていない。なにか面白いジャンクがでるんじゃないか、とおもうのだけれども、新入荷される商品はあまりないみたい。古くからある商品は古すぎて買う気にならない。その点、頻繁に新商品が入荷されている日米商事のほうがおもしろい。

 ニュー秋葉原センターにはもうひとつ小沢電気商会というお店もある。ここもけっこうボロくて国際ラジオよりさらに通路が狭いので中の方にまでは入ったことがない。

 ほかには、最近、といってももう数年前からだと思うけれどもインド系のお店がいくつか出来ていて、DVD、CDとか衣料品とか食品まで売っている。インド系のお店の目の前にはアダルトDVD・雑誌のお店があって、過激なアダルトアニメのポスターなんかが貼ってあるのだけれども、インド人のひとはどう考えてみてるんだろ、なんて思ったりする。

 国際ラジオの入り口をはいってすぐのところにはニュー秋葉原センター二階への階段がある。二階には萌え系統のお店とかアダルト色の強いお店があるらしいのだけれども行ったことはない。こんど覗いてみようかな…。

ニュー秋葉原センター

ニュー秋葉原
JUGEMテーマ:秋葉原



かっぱしゃん

秋葉原にはとくにイベントが無くてもコスプレをしている人がよくいる。

先日もそういう人がいて、それを見たお母さんに抱っこされた女の子が大興奮。

指をさしながら、

「ママー、あの人かっぱしゃん?かっぱしゃん?」

慌てて逃げるようにその場を離れようとするお母さん。

「ねえ、ママ、あの人みどりの人、かっぱしゃんみたいだねえ」

ピッコロのコスプレでした。

結構良く出来てたと思うんだけれど、河童呼ばわりされちゃ台なし。

正月秋葉原のゴミ状況など

ふくぶくろ
JUGEMテーマ:秋葉原


 2日は秋葉原にいってみたが、ゴミがすごいことになっていた。

秋葉原の石丸電気と東京ラジオデパート

秋葉原の石丸電器東京ラジオデパート


 これもキヤノンさん(キヤノンと売ったらGOOGLE IMEが候補としてキヤノンさんを出してきた)のパワーショットA590ISでとったもの。じつにいいカメラです。

JUGEMテーマ:秋葉原



秋葉原でのキリスト教宣教活動



 「終りの日に人は神の前に立つ」

 秋葉原ではたまにキリスト教の宣教活動をしている方々を見かけるが、クリスマスを前にしていつもより活発に活動をされているようである(上野のヨドバシカメラの近くでも見かけた)。これは日曜日に撮影した。

 中にはこんなものも。





 「世と世の欲は過ぎ去る」

 日本でも有数の欲やら煩悩やらがドドッと結集している街、秋葉原だけれども、世と世の欲が過ぎ去る日は果たしていつ来るのだろうか。

JUGEMテーマ:秋葉原




Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM