DMC-GF1キットレンズ「20mm F1.7」対応の46mm角型フード

ユーエヌは、46mm径のフィルター枠に対応した「ラバー角フード」(UNX-8114)を11月7日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2,980円前後の見込み。

 9月にユーエヌが発売した「ビデオ角フード37mmリング付き」(UNX-8113)をベースに、付属リングアダプターを46mm径に対応させたもの。LUMIX DMC-GF1のキットレンズのひとつ「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」をはじめ、46mm径のレンズに対応する。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091104_326229.html

 私はラバーフード派です。見た目はださいし、けっこう直ぐにこわれてしまうんですけどね。

 金属フードだとどっかにぶつけたときにレンズ自体に衝撃がつたわるけれども、ラバーだと衝撃を吸収してくれるからいいんです。

ディスタゴン T* 2/28 ZE



コシナは26日、カールツァイス(Carl Zeiss)のキヤノン用広角レンズ「Distagon(ディスタゴン)T* 2/28 ZE」を国内で発表した。価格は12万5,475円。発売時期は未定。

 カールツァイスが、10月12日に海外で発表した製品。今回、国内での正式な発売が決まった。海外では2009年秋の発売を予定している。なお、ニコン用の「ZF」タイプとペンタックス用の「ZK」タイプは発売済。

 35ミリ用のレンズでもっとも物欲をそそられるのはこのカールツァイスのディスタゴン28mmF2かもしれない。ペンタックス用に発売されたときにさんざんほしいなあ、ともった。さんざんコシナツァイスのサイトを見た。検索して作例も沢山見た。けど結局買っていない。なんつっても高すぎる。

ディスタゴン 28mm

 コシナのサイトで掲載されているMTFグラフも超優秀。デザインも秀逸だし、サイズなんか関係ありません、というやけにデカイ図体も魅力。しかしなんでキヤノン用を今頃になってなんだろう。いちばん売れるだろうに。

 コシナツァイスのレンズでは、あとは、プラナー T* 1.4/85、そしてなによりディスタゴン T* 2.8/21が気になる。

 ディスタゴン 21mm

 ディスタゴン21のほうはMTFグラフがすごい。ほとんど100パーセントに近い位置をキープしてる。21ミリなのに。値段もそのぶん高いですけれども。

タムロンSP AF 17-50mm F2.8 XR Di II VC実写画像



http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/date_lens/20090917_315883.html

従来の製品「SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]」との最大の違いは、独自の手ブレ補正機構「VC」(Vibration Compensation)を搭載したこと。ニコン用の大口径標準ズームレンズで、手ブレ補正機構を搭載した製品は初めてとなる。

 ズーム全域F2.8のレンズ。最広角はちょっとゆがみが気になるが、それでも十二分な画質。最近のデジ一はISO3200くらいまで常用域だからもうこの明るさでも十分じゃなかろうか。

 常用レンズとしてはこの手の明るいズームレンズが最適でしょうね。ポートレイトなんかでボケがほしい場合以外はこれいっぽんでも十分な気がする。


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM