Dell Chromebook 11を買ったがとても良いので感想

1.モバイルなノートパソコンが必要だ!

Dell Chromebook 11.6型ノートパソコン メモリ4GB タッチ対応モデル (ChromeOS/CeleronN2840/4GB/16GB/HDタッチ) Chromebook 11 3120 16Q22
2015年末に、デルのChromebook 11を買ったのだが、これがものすごく気に入っているのでレビューみたいなものを書いちゃう。

そもそもなぜ買ったか。

それはモバイル仕様に適したノートパソコンが必要になったからである。

いままで長く使っていたノートパソコンは、5年ほど前に購入したネットブックDell Inspiron Mini 10v

購入時点で二万円台前半の安物小型軽量マシンであり、5年前でも重めのウェブサイトなどはかなり難しかったのだが、時の経過とともに最新のネット環境についていけない感じとなっており、ここ数年は実用的ではなくなっていた。

また、バッテリーも劣化し、フル充電しても一時間程度しか持たない感じに。

そんなわけで、時折つかうのみで、ほとんど使わなくなっていた。

2. Dell Inspiron Mini 10vでPuppy Linuxを試してみる


新しいノートパソコンが必要とはいえ、予算はあまりない。できるだけ安く済ませたい。

そこで、なんとか手持ちのネットブックを使うことはできないかとPuppy Linuxを入れたりしてなんとか再生してみようと試みたりはした。

Puppy Linuxは、軽量で知られているLinuxのディストリビューションであり、5年前のネットブックでもそこそこ実用的な速度はでる。

さらにパピーの上に、Chromeを入れたりすれば、Chromebookのような使い方が可能で、一時はこれでも行けるのではないか、ノートパソコン買わなくてもいいのでは、と考えたほどであった。

しかし、少し使っていてわかったのは、ネットブックでは画面の解像度がかなりきついということ、Puppyが軽いとはいえ、サイトなどによってはどうしても重くなってしまうこと、あとはバッテリーの持ちが極端に悪くなってきたことなどの理由で、実用的な端末としては流石に無理だと思った。

結局、Puppy Linux化して古いノートパソコンを再生作戦は失敗に終わった(が、Puppy Linuxの出来の良さがよくわかったのは収穫であった)。

中古ノートの安いのをかってPuppy LinuxもしくはChromiumを入れてChromebook化も考えた。

これであれば、解像度の問題や処理速度の問題も解決できる。しかしやはり不安だったのはバッテリー。

どうしても中古ノートだとバッテリーの劣化の可能性が排除できない。よって中古ノート案も却下となった。

3.Chromebookを検討


諦めて新しいノートパソコンを買うことを検討。

いろいろまよって最近のWindows10モデルなども検討したのだが、最終的にはChromebookを購入することにした。

Chromebookはその存在を知った時からずっと気になっていたのだが、やはりキワモノ的なイメージを拭えなかったこともあり、購入するまでには迷いに迷った。

だが、各所でレビューをみるとどれもかなり評価が高い。

さらに、調べれば調べるほど、私の使用法にはあっているのではないかという気がしてきた。

ChromebookはChrome中心、というかGoogleのサービスに依存した使用がなされるが、私はここ二、三年、かなりGoogleに依存したパソコンの使い方をしていることもあり、Chromebookとの相性は良さそうだと思った。

ブラウザはもちろんChromeだし、メールはGmail、日本語変換はGoogle日本語入力、スケジュール管理にはGoogleカレンダー、クラウドはGoogleドライブ(とドロップボックスも使っている)。

スマホでもブラウザ、メール、日本語変換、クラウドはすべて同様である。

オフィスソフトはWord、Excel、PowerPointを使っているが、これもまあどうにかなりそうな感じである。

値段も安いし、Chromebookでいこう、と決断した。

最終的には、私が新しもの好きでChromebookというものを使ってみたいというのが大きかったかもしれない。

4.Dell Chromebook 11を購入


Chromebookといってももちろん幾つか機種がある。

最終的にはDell Chromebook 11を選んだ。理由は、デザインがなかなか気に入ったこと。

キーボードのタイピングがしやすかったこと(購入はネットであるが、店頭で試打した)。

ちょうど安売りをしていたことである。

5.Dell Chromebook 11ハードウエアの感想


ハードウエアに関して購入してみての不満点は、ACアダプターがちょっと大きめであること。

重量が11.6インチにしてはやや重めであることである。

不満点はそれくらい。あ、あとは、天板にのっけられたDellのロゴはあまりすきになれないが、まあ我慢できる。

筐体は高級感はない。しかし安っぽさもなくて、2万円ちょいとは思えないほどの質感があってよい。

重量もたしかに他の11.6インチの製品と比較するとやや重めではあるものの、持ち運びには問題がない重さである(あくまで私の場合)。

5.1.バッテリー性能は素晴らしい


8割9割程度充電しておけば、ACアダプターをバッグに入れることなく持ち運ぶことなく使用ができる。

100%充電状態だと残り使用時間が12時間とか表示されることもある。

実際にそのまま12時間使い続けられるかどうかは不明だが、4時間位連続して使用したあとも残り時間は6時間位あった。

もちろんこれは作業によって大きく異なるとはいえ、恐ろしいほどのバッテリーライフである。

充電も迅速で測っていないがすぐに充電が終わる。

5.2.キーボードのうち心地も上々


キーボードの素晴らしさは、実際に使ってみないとこればかりは伝えられないのだが、適度なタイピング感がとても気持ちいい。

他のChromebookもいろいろ試打してみたのだが、ややたわむ感じがするものが多かったのだが、DellのChromebookはそれがない。

タワミは短時間使うだけならとくに問題にならないかもしれないが、長文を入力したりする場合にはけっこう気になってくるもんである。

ちなみにInspiron Mini 10vのキーボードもとても素晴らしく気に入っていたのだが、それど同系統のタイピング心地ながら、さらに進化しているような感じである。

ほかにいくつものノートパソコンのキーボードを使ってきたし、モバイル用のBluetoothキーボードもいくつか使ったことがあるが、最高レベルのタイピング感といえる。

5.3.使いやすいトラックパッド


最近のトラックパッドというものを使ったことがなかったのでこれが普通なのかもしれないが、とにかく非常に使いやすい。

ノートパソコンにはマウスが必須と思っていたのだが、これだけ快適に操作できれば、とくにヘビーに作業をする場合以外には別に持ち運ぶ必要ないな、と感じる快適さであった。

実際に、Chromebookを持ち運ぶ時でも一緒にマウスを持ち運ぶことはまずない。

とくに、二本指によるスクロール、三本指によるタブの切替はとっても気持ちがいい。

三本指によるタブの切り替えというのは初めて知ったのだが、これは快適すぎで無駄にタブを切り替えたくなるくらいである。

ちょっと面倒かな、というのがドラッグ・アンド・ドロップ。これはどうしてもちょっとやりにくい部分が残ってしまう感じである。

5.4.ちょっと残念感の残るディスプレイ


ディスプレイは廉価版という感じが現れており、解像度は控えめだし、視野角もそれほど広くない。

が、各種作業に何らかの支障が生じるというわけでは全く無く、問題はとくにない。

普段からRetinaディスプレイとか4kディスプレイを使っているというような人であれば気なるかもしれないが。

Dell Chromebook 11は廉価ながらそれほど安っぽさを感じないのだが、このディスプレイだけはちょっと感じずにはいられない

しかし、言い方を変えれば安っぽさが感じられるのはこのディスプレイくらいとも言える。

DellのChromebook 11は最新のモデルは、CPUにCeleron N2840を搭載しているのであるが、私が購入したのは、Celeron 2955U搭載のモデル。他のスペックは、

メモリ:4GB
ディスプレイ:11.6インチ(解像度1366×768)
ディスク:16GB SSD
重量:約1.3kg


CPUの処理速度自体は、私が購入した旧版のほうが早いらしいが、実用上はほどんど差はないのではないかなあと思われる。

メモリは4GBのモデルと2GB モデルがあるが、どの程度違いがあるのかはわからない。

他のレビューを見る限り2GBでも十分に快適ではあるようである。

6.Chrome OSの使い心地


Chrome OSは実際に使ってみて、各種のレビューにあるのと同様の感想をもった。

とにかく、起動の速さや、ブラウジングの快適さは特筆に値する

素早い起動、素早いタブ切り替え、なめらかなスクロール、どれもとても快適である。

良いと思う点は、すべてChromebookのメリットとして各所で取り上げられていることばかりなのだが、想像以上の快適さだった。

言うまでもないことだが、GmailやGoogle Drive、Googleカレンダーなど、Googleの提供する各サービスとの相性は抜群によく、ストレスを感じさせない。

外付けのHDDを接続してみたがこれも速やかに認識した。

いろいろなファイルを開いてみたが、そのまま読み取りが可能なファイルが意外と多いようである。

Chrome OSの不満点は、ログオン時にパスワードの入力を求められること

電源を入れた時はもちろん、スリープの復帰後でもそうであって、しかも、パスワードはGoogleアカウントのパスワードなので長ったらしくなっており、入力がけっこうめんどい。せっかくの超高速起動なのに、パスワード入力でもたついてしまうような感じ。

もちろんセキュリティ上はこちらのほうがいいというのはわかるが。

このめんどくささを解消する手段としてSmart Lock for Chromebookというのがあり、Android端末が近くにあるとロックされず、パスワードも入力する必要が無いという機能が提供されている。

これはまだベータ版らしいのだが、私も試してみたところ、私のスマートフォンはAndroidのバージョンが古いために利用できなかった。

Windowsアプリが使えないなどいうことは当然のことならが十二分に把握していたし、不満を感じることはない。

Chromeで使えるアプリに関してはあまり、いろいろ入れるのが好きではないので、あまり入れていないのだが、Chromeを使い始めてから初めて使ったもので、よく使っているのはメモソフトのGoogle Keep

オフラインでも使えるのでなかなか便利なソフトだと思っている。

7.キーボードショートカットを覚えるとさらにさらに快適に


もともと私はキーボードショートカットをけっこう使っている方だと思っているのだが、Chromebookでもキーボードショートカットを大いに活用している。

ほとんどのショートカットはWindowsと共通だが、Chromebookに特有のものも少なからずある。

そういったものは、覚えていくとChromebookがさらに快適に使える感じである。

8.まとめ


自分の用途にはあっているのではないか、という予感があったChromebookだが、実際に買ってみて、最高に満足度が高い買い物になっている。

Chromebookの購入を迷っているのであれば、とりえあず、WindowsでChromeブラウザだけを使うことによってChromebookのシミュレーションができるので、それで不満がなければChromebookを買っても不満を感じることはまずないと言えるのではないかと思う。

アメリカなどではChromebookがかなり売れているらしく、これからさまざまなChromeアプリが充実することを期待している。

といっても現状でもそれほど不満を感じていないので、これからどんなアプリが必要かと言われてもとくに思い浮かばないくらいである。

むしろ、世の中のマイクロソフトおフィルソフト依存をやめてほしいなあと切に思う。

文書ファイルなどはWordでやり取りするのが基本というのはどんなもんかと。

かといってそれに変わるソフトが何かと言われてしまうと困るのではあるが。

9.高級モデルがあってもいいなあ


現在日本で販売されているChromebookは、どれも廉価なのはいいのだが、ディスプレイがイマイチで、なおかつ超軽量モデルというのがなさそう。

Dell Chromebook 11は11.6インチのモデルのなかでもやや重めの方であるが、ほかの11.6インチのものでも軽くて1キロちょうどくらいという感じ。

Windowsマシンだと11.6インチで1キロを切るどころか、13.3インチでも1キロきるモデルがたくさん出ている。

Macbookだって12インチで920グラムとかである。

もちろん値段が全く異なるわけだが、Chromebookでもこのようなちょっと高いけど軽くてディスプレイも良いモデルがでればいいのに、と思う。

日本では発売されていないが東芝のChromebook 2の4GBモデルは、13.3インチのフルHD液晶を搭載していて、1.2kgとそれに近いのだが、もっと突き抜けて1キロ切るくらいのモデルを期待したいなあと思う。

Dell Chromebook 11.6型ノートパソコン メモリ4GB タッチ対応モデル (ChromeOS/CeleronN2840/4GB/16GB/HDタッチ) Chromebook 11 3120 16Q22
Dell Chromebook 11.6型ノートパソコン メモリ4GB タッチ対応モデル (ChromeOS/CeleronN2840/4GB/16GB/HDタッチ) Chromebook 11 3120 16Q22

おもわず4800文字も書いてしまうくらいのChromebook気に入りようである。

REALFORCE 91UBK-Sを買った

2015年はブログまったくかかなかったなあ。

というわけで、もう昨年のことになるのだが、ついに至高のキーボードと言われる東プレのリアルフォースを手に入れた。

リアルフォースにもいろいろあるが、私が入手したのは、91UBK-Sというモデル。

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

静音で、黒。

テンキー無し。

私、ここにいたるまでに幾多のキーボード遍歴を経てきたなかで、リアルフォースが最高だという評判は何度も聞いていたし、実際に、ヨドバシカメラ秋葉原店やビックカメラ新宿店やビックカメラ池袋店でタイピングしてみてその良さにウットリしたことも一度や二度ではない。

そして、いつもリアルフォースが欲しいほしいと思ってきた。しかし、いつもその物欲は、容赦無いプライスタグが弾き返してきた。

しかし、これまでのタイピング歴そして、これからも多数のタイピングをするであろうことを考えた時、至高のキーボードを入手しても良いのではないか、いや、入手すべきではないかと思うに至った。

そしてついに購うに至ったわけである。

いつ買ったか。覚えていない。睡眠不足でぼっーとしていたある日、気づいたら購入したいた。ネットで。

ヨドバシカメラとビックカメラにはさんざんお試しタイピングさせてもらっているのにごめんなさいの気持ちである。

で、箱から開けるとその重さに圧倒された。この重さは物理的な重さだけではない。心理的な重さとでも言おうか。ついに手に入れてしまった。ついに買ってしまった。最高峰を手に入れてしまったという精神的な重さである。

物理的な重さは、キーボードの圧倒的な安定感を生み出している。

ガタツキや歪みは一切なし。どれだけ叩こうともリアルフォースは死ぬほど安定してる。

外観は安っぽさはないものの、極めて地味である。地味すぎる。

リアルフォースを知らないものからすれば、1000円以下の安物キーボードと何ら違いはない。左上に付されたREALFORCEがさり気なくそのブランドをアピールしている。

タイピング感に関してはもはや何も言うまい。

このタイピング感は、いくら言葉を尽くしたところで伝えられないからである。

実際にお試しタイピングしてみて初めて分かる、そいうたぐいのものである。

しかし、いまこうやって手に入れて見て感じるのは、このキーボードの真価というのは店頭でのお試しタイピングではわからないということである。

店頭でのお試しタイピングは、ヘッドフォンの店頭での視聴やカメラの店内での試写に似ている。

たしかに、どこで使っても同一のものである。しかし、その本当の違いはいつもの環境で使わないとわからないものなのである。

というわけで、大枚はたいて買ったリアルフォースであるが、私的には非常に満足している。

タイピングにこだわる諸氏にはちょっと無理してでも購入することをお勧めしたいと思います。

そいえば、以前「レトロキーボードKB-3920購入」というブログ記事を書き、KB-3920を安いのに素晴らしいと書いたが、あれはやっぱり値段なりだったなあと思っているわけである。

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

ボディウイングのソイプロテイン(チョコレート):プロテインの味の変化に驚く(4)

ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味ビーレジェンド ミルク味につづいて買ってみたのは、ボディウイングのソイプロテイン(チョコレート)

理由はとにかく安かったから。1キロでなんと2100円。(3キロで買うともっと割安になる)

ただし、これまでのマッスルフィットビーレジェンドがホエイプロテインだったのに対しこれはソイプロテイン。

ソイプロテインは吸収が遅いとか、筋トレにはホエイが向いてるとかいろんな情報があったのだが、そもそもそんなにハードにトレーニングしているわけではないのでどちらでもよかろうということで、ソイにした。

なにしろソイプロテインのほうが安いし、これでホエイと同じ感じで飲むことができれば、こちらのほうが良い。

というわけで、飲んでみたのだが…

濃い!まずい!

味は、大豆プロテインなので当然と言えば当然だが、ものすごい濃い豆乳ともいえるし、甘みゼロのキナコともいえる。

はじめはこれまでと同じように100mlの水に、20gとかしたのだが、これだとホエイとは比較にならないドロドロさ。

しかたないので200mlに溶かして飲むとかなりとろみがあるものの、まだそこそこさらさらに。

しかし、味はとにかくまずい

つぎに、牛乳に溶かして飲んでみると…

水よりはましだけれどもまだまずい。

さらに、スティックシュガーを一本入れて飲むと…

まあ、なんとか飲めるかな、という感じ。

溶けやすさは、かなり溶けやすいのだけれども、ドロドロになるのでだまになっているかどうかが分かりずらい。

そのため、どうしても小さなだまが残る感じ。

シェイカーでふってもスプーンで混ぜてもそこそこ簡単にとけるのは良いんだけど。

というわけで味の評価は。

水       :★
牛乳      :★★
スポーツドリンク:★★
水+砂糖    :★★
牛乳+砂糖   :★★★


総合評価は

溶けやすさ:★★★
味    :★★
価格   :★★★★★




ビーレジェンド ミルク味:プロテインの味の変化に驚く(3)

ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味につづいて買ってみたプロテインは、ビーレジェンドである。味は、チョコとか林檎とかあるが、そういうのではない「アミノ酸スコア100 ホエイプロテイン」とだけ表記がある一番安いもの。

前回買った、ウイダーのマッスルフィットはあまり考えずにドラッグストアで高いものを買ってしまったので、ネットで価格や評判などを調べて、よさそうなビーレジェンドを選んでみた。

溶けやすいとの評判だったのだが、シェーカーにいれて振ってみると…

ものすごい泡立つ!さらに溶けてない!

ということで、最初の二、三回は半ば憤慨しつつ飲んでいたのだが、アマゾンのレビューなんかを見てみると

ものすごい泡立つ!

というレビューと、

全然泡立ちません!

というレビューが混在していることに気が付く。これは混ぜ方の問題ではないか?ということでシェーカーを使わない方法を試してみたところ、

全然泡立たない!

やり方は、

1.コップにまず水や牛乳などを入れる(100mlくらい)
2.ビーレジェンドプロテインを入れる(20gくらい)
3.スプーンでかき混ぜる。
4.だまが少しできるのでスプーンの背でつぶす


以上である。

こうするときれいに溶けて泡立ちもゼロで非常に飲みやすくなる。

ちなみに、分量は水100mlに対して、ビーレジェンド20gくらいにするとそこそこ甘みが感じられるくらいになり飲みやすい。

これもいろいろなものに混ぜてみたのだが、水に混ぜた時と牛乳に混ぜた時の味の良さは、ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味を凌駕している。味は、バニラっぽい感じ。

味の評価をすると

水       :★★★★
オレンジジュース:試してない
牛乳      :★★★★
スポーツドリンク:★★★

といった感じ。

溶けやすさ:★★★★
味    :★★★★
価格   :★★★★

シェーカーで豪快に混ぜられないのがちょっとマイナスといえばマイナスではあるものの、味、価格はとても良いと思う。



ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味:プロテインの味の変化に驚く(2)

プロテインの味の変化に驚く(1)のつづき。

最初に買ったのはウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味である。理由は特になく、そこらへんのドラッグストアで売ってたから買った。

味はいろいろなものに混ぜで飲んだのだが、どれにまぜでも比較的うまく飲めた。

とくによかったのはオレンジジュースとのブレンド。

オレンジのはいったチョコレート菓子があるが、あれみたいな感じでなかなかうまい。

水で混ぜると味はややうすく微妙。

スポーツドリンクと混ぜると、妙な甘さが強調されていまいち。

牛乳とまぜるとまあ想像通りという感じのうまさ。

味の評価をすると

水       :★★★
オレンジジュース:★★★★★
牛乳      :★★★★
スポーツドリンク:★★★


といった感じ。

あとはよかったのは溶けやすさ。シェイカーにいれてジャバジャバふると完全溶解。泡立ちも少なくとても素晴らしい。

溶けやすさ:★★★★
味    :★★★★
価格   :★★★




プロテインの味の変化に驚く(1)

 最近10数年ぶりに筋トレを初めた。目的は痩せるためではなく、筋肉をつけるためである。しょぼいボディを変身させる為である。トレーニングを始めると気になるのが栄養。

 普通の生活をしている場合には、タンパク質が大体体重の1000分の1くらい、筋トレをしていて、筋肉の増加を目指す場合にはタンパク質が大体体重の1000分の2から3くらいとるといいらしい。自分の食生活を振り返ってみたところ、私はどう考えてもタンパク質がぜんぜん足りないことがわかった。おそらく体重の1000分の1すらとっていない。

 大きな原因は朝食を抜くことが多いこと、昼飯は外食でそばやうどんが多いこと、夜食や間食をしないこと、牛乳など飲まないこと、そもそもあまり食べないことである。典型的なパターンとして、朝抜き、昼きつねうどん、というのが良くあるのだが、これだと朝0、昼17g(もちろんこれは、店によっても変わるだろうけど、どっかのサイト参照した数値)だけである。夜に45gくらいとらねば、体重の1000分の1ラインすらクリアできないこととなる。体重の1000分の2などは夢のまた夢的な数値である。

 というわけで、タンパク質をもっととるためにはどうしたらよいかを考えると、やはりサプリメントとしてのプロテインを取ろうという結論に達した。食事のみで十分な量に達するには、ほかに脂肪や炭水化物の摂取量も増えてしまうという問題もあるし、金銭的な面もふくめてなかなか難しいと考えたからである。

 とりかたとしては、朝にだいたい15グラム、夜寝るちょっと前に15グラム、トレーニングした日はトレーニング直後に15グラムということにしている。これだけで、トレーニングしない日でも30グラムの追加となり、トレーニングした日には45グラムの追加となる。これだけでも、だいぶましだが、さらに普段の食事でもタンパク質を多めにとるように意識している。

 これでおそらく、ここ最近は80グラムから120グラムくらいは毎日タンパク質を摂取しているのではないかとおもう。これでなんとか最低ラインは満たしているのではないかと思う。

 ところで、私は大学生のころに少し筋トレをしていたことがあり、その時にプロテインを飲んでいた。といっても長続きせず半年も続けることはできなかったのだが。

 で、プロテインは何を買ったかはもう覚えていないのだが、どっかの有名なメーカーのホエイプロテインだったような記憶はある。そしてとにかく溶けにくくまずかった記憶ものこっている。そんなわけで、久しぶりにプロテインを飲み始めるにあたってもその味のまずさを覚悟していたのだが、飲んでみたら…うまい。しかも良く溶ける!と驚いたのである。



 


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM