デジタルカメラを買う意味

おもしろくて暗いところもバッチリのデジカメ - ケータイ Watch

ケータイのカメラの性能が非常にアップした今日、デジタルカメラを買う意味ってかなり薄れているんじゃないかと思う。どうせ買うならケータイにできない機能を持った物じゃないとおもしろくない。  そんな中で購入したのはソニーの「サイバーショット DSC-WX1」。スイングパノラマ機能や暗いところに強いセンサー搭載の機種である。半年ほど前の展示会でスイングパノラマの機能に感動したものの、当時の搭載機種は比較的大きな形のDSC-HX1だけで、いつでも持ち運べる大きさの機種をずっと待っていたのだ。

 写真はカメラでとるものというイメージがつよい私にとっては、「ケータイのカメラの性能が非常にアップした今日、デジタルカメラを買う意味ってかなり薄れているんじゃないかと思う」というのはちょっと驚きだった。

 しかし、考えてみれば、そうなのかもしれない。たしかに最近どこにいっても携帯で撮っているひとばかり。花火大会とかでも携帯でとっている人がおおいことおおいこと。花火なんて携帯ではほとんどなんだかわからないようなものしか撮れないんだけれども、世の中の多くの人はほとんど気にしないんでしょう。

 iPodなんかにもカメラは付いているし、そのうちコンパクトデジカメですらもっているだけで「カメラ好きなひと」となるのかもしれん。

DxO Optics Pro v6

DxO、高感度画質を向上させた「Optics Pro v6」 - デジカメWatch

DxO Optics Pro v6の主な新機能は下記の通り。 新エンジンによる高感度画質の向上 手動モードでの周辺光量と歪曲収差補正機能を追加 レンズブラーの補正機能を追加 自動露出補正機能を追加 ユーザーインタフェースの刷新 補正パレットの配置変更機能を追加

 高感度画質を向上させたというのだけれども、所詮はソフト。どれくらい向上がのぞめるのだろうか。

PowerShot S90



【新製品レビュー】キヤノンPowerShot S90

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20091106_326571.html

撮像素子はG11と同様、1/1.7型・1,000万画素の高感度CCDで、画像処理エンジン「DIGIC4」との連携により、高感度撮影時のクリアな描写をうたい文句とする。RAWモード(JPEG同時記録にも対応)撮影も可能である。さらに搭載するズームレンズは、広角端(28mm相当)の開放絞り値でF2を実現。これは開放F2.8のG11に勝るアドバンテージである。


28mmからのF2ってのがとにかく特徴でしょう、このS90は。

 ISO800ではまずまず、ISO1600でもまあ、用途によってはぜんぜん使えそうな画質。ちょっとまえまでコンデジのISO800なんてゴミ画質って感じだったのがずいぶん進化した印象。

 よく言えば優等生なんだけれども、それだけなんか強烈な魅力にかけるのも事実ですね。

「DP1s」の「DP1」比較



「DP1s」の「DP1」比較が掲載されている。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20091104_326397.html

 シグマのDP1はあのサイズにあのセンサーとあのレンズをいれたことでマニアックなカメラファンに注目をあびた。

 当然わたしもすごく興味をもっていたのだが、でてきた画像にあまりに残念な画像があったことから、急激に興味がなくなってしまった。

 残念な画像というのは上のサイトでも比較になっている強い光源をいれたときに出てくる赤いゴースト。あれは私としてはちょっと許容範囲を超えているし、キヤノンやニコンやペンタックスだったらありえないような欠点だとおもう。ネットでもあれはありえない、という評価がかなり多かったと思う。

 で、先ごろ発売されたDP1sでは、この欠点はこのサイトの画像をみるかぎりほぼ解決されている。

 じゃあ、買う気になるか、というとしかしDP1が発売されたときには無かったPanasonic GF1みたいな小型レンズ交換型のカメラがでてきており、どうせならGF1のほうがいいかも、という気がしてしまうのは事実である。まあ、まだDP1sのほうが大きさのアドバンテージはあるか。



EOS 7Dの動画



 キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」は、画像処理エンジンにデュアルDIGIC 4を搭載し、最高で約8コマ/秒の連写が可能APS-Cサイズの最上位機種にあたる機種。撮像素子は、有効1,800万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載している。

 ボディーのボタン類も大型化され、操作ボタンのカスタマイズも容易に行なうことができる。ライブビュー撮影/動画撮影切り替えスイッチが搭載されておりライブビュー撮影と動画撮影が非常に行ないやすくなっている。動画撮影がワンタッチでできるようになり、液晶モニター上には2軸の水準器なども表示可能だ。また、動画関連の機能もEOS 5D Mark IIの時にくらべブラッシュアップされさらに使いやすくなっている。今回は、このEOS 7D Mark IIの動画についてレビューしていこう。

 デジタル一眼レフカメラで撮影する動画の魅力は、なんといっても大きな撮像素子を活かした撮影ができる点だろう。EOS 7Dの撮像素子はEOS 5D Mark IIの撮像素子と比べるとやや小さいが、それでも一般的なカムコーダーに比べ数倍大きな撮像素子を搭載しているため、カムコーダーでは苦手とされている高感度撮影に強くノイズの少ない美しい映像を撮影することが可能だ。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20091102_325573.html

 すばらしい画質、なんだけれども、うちの非力なPC(Dell OptiPlex GX240)ではカクカクします。

 構造自体がことなっていたフィルム時代とちがって、これからどんどんビデオカメラとデジカメの壁はなくなっていくでしょうね。

 現在でもデジタル一眼レフは写真撮影に向いたビデオカメラともいえるし、ビデオカメラはビデオ撮影にむいたデジカメともいえるくらいの差しかないわけですし。

 やはりデジ一でビデオを撮るなら猛烈に明るいレンズ(f1.2クラス)をつかって絞りを目いっぱいあけてとったりとか、猛烈に広角(魚眼)とか使って撮影してみたいですね。

 EOS 5Dは現在15万くらいでしょうか。まだ遊びで買うにはちとたかすぎます。

ユーエヌ、カメラ底面に取り付ける「STグリップ」


http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091030_325503.html
ユーエヌは、「STグリップ」5製品を11月6日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。


こ、これは、絶対に売れ無そう(笑)

LUMIX DMC-GF1でポートレート



http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20091030_324981.html

 目がでかい!そして離れている!

 モデルはカレンさんという方みたいです。

100 colors, 100 styles.

ペンタックスは28日、10月16日に発売したデジタル一眼レフカメラ「K-x」のオーダーカラー受注サービス「100 colors, 100 styles.」で購入できる全100カラーの展示が、東京のhhstyle.com原宿本店で始まったと発表した。11月10日まで行なう。営業時間は12時〜20時。住所は東京都渋谷区神宮前6-14-2。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091028_324817.html

これって売れるんだろうか。iPodみたいにちっこいやつならカラフルなのも良いと思うけれども、一眼レフって大きいし、さらに何より問題なのはレンズ。ほとんどのレンズは真っ黒だしなあ。


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM