プロテインの味の変化に驚く(1)

 最近10数年ぶりに筋トレを初めた。目的は痩せるためではなく、筋肉をつけるためである。しょぼいボディを変身させる為である。トレーニングを始めると気になるのが栄養。

 普通の生活をしている場合には、タンパク質が大体体重の1000分の1くらい、筋トレをしていて、筋肉の増加を目指す場合にはタンパク質が大体体重の1000分の2から3くらいとるといいらしい。自分の食生活を振り返ってみたところ、私はどう考えてもタンパク質がぜんぜん足りないことがわかった。おそらく体重の1000分の1すらとっていない。

 大きな原因は朝食を抜くことが多いこと、昼飯は外食でそばやうどんが多いこと、夜食や間食をしないこと、牛乳など飲まないこと、そもそもあまり食べないことである。典型的なパターンとして、朝抜き、昼きつねうどん、というのが良くあるのだが、これだと朝0、昼17g(もちろんこれは、店によっても変わるだろうけど、どっかのサイト参照した数値)だけである。夜に45gくらいとらねば、体重の1000分の1ラインすらクリアできないこととなる。体重の1000分の2などは夢のまた夢的な数値である。

 というわけで、タンパク質をもっととるためにはどうしたらよいかを考えると、やはりサプリメントとしてのプロテインを取ろうという結論に達した。食事のみで十分な量に達するには、ほかに脂肪や炭水化物の摂取量も増えてしまうという問題もあるし、金銭的な面もふくめてなかなか難しいと考えたからである。

 とりかたとしては、朝にだいたい15グラム、夜寝るちょっと前に15グラム、トレーニングした日はトレーニング直後に15グラムということにしている。これだけで、トレーニングしない日でも30グラムの追加となり、トレーニングした日には45グラムの追加となる。これだけでも、だいぶましだが、さらに普段の食事でもタンパク質を多めにとるように意識している。

 これでおそらく、ここ最近は80グラムから120グラムくらいは毎日タンパク質を摂取しているのではないかとおもう。これでなんとか最低ラインは満たしているのではないかと思う。

 ところで、私は大学生のころに少し筋トレをしていたことがあり、その時にプロテインを飲んでいた。といっても長続きせず半年も続けることはできなかったのだが。

 で、プロテインは何を買ったかはもう覚えていないのだが、どっかの有名なメーカーのホエイプロテインだったような記憶はある。そしてとにかく溶けにくくまずかった記憶ものこっている。そんなわけで、久しぶりにプロテインを飲み始めるにあたってもその味のまずさを覚悟していたのだが、飲んでみたら…うまい。しかも良く溶ける!と驚いたのである。



 
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM