2014 ドイツ語の春

 かつて大学でドイツ語を第二外国語として選択した。第二外国語が必修なのは二年間だったのだが、大学3年になっても「中級ドイツ語」とかいうような科目をわざわざ履修し(第二外国語は大半の者にとって苦行に近く、わざわざ履修するものは少なかった)、勉強を続けた。しかし勉強を続けたのはそこまで。それから10年以上がたち、もう、ほとんど忘れてしまったのだが、この春突然ドイツ語を勉強しなおそうという気になった。

 動機はなんとも曖昧であり、現在の私に必要かどうかというと必要ではない。語学はそれなりに時間がかかるものであり、それなりの時間を費やす必要があるかどうかは微妙なのだが、一度勉強したものを忘却に任せるのはもったいない気もする。

 目標としては、ドイツ語の新聞や、難しくない本が辞書なしで、難しい本も辞書を使えば読めるようになりたい。いわゆる四技能のうち、話すこと、聞くことは、書くことは目標に入れない(必要ないと思うので)。

 そこでAmazonなどで調べて教材を集め、ドイツ語復習のロードマップを描いてみた。

◆ステップ1

必携ドイツ文法総まとめ

 文法の復習に。見やすくよくまとまっているように思える。Amazonでの評価も高い。購入済み。

・森泉『“独検”3・4級必須単語集

 基礎となる語彙の復習に。例文の中で覚える形。まだざっと見ただけだが、かなりわすれてはいるものの、一度覚えている単語がほぼすべてなので、思い出すのはそれほど苦労しない気もする。

 とりあえずこの二冊で基礎を固めるつもりだが、文法はなにかワークブック的なものをやったほうがいい気もする。購入済み。

◆ステップ2

・横山靖『独文解釈の秘訣―大学入試問題の徹底的研究 (1)
・阿部賀隆『独文解釈の研究

 『独文解釈の秘訣(1)』には(2)もある。いずれも大学入試のドイツ語参考書のようで、かなり古いものだが、評価は高いようである。ドイツ語を読むことを目的としているので、こういったものが適切な気がする。阿部賀隆『独文解釈の研究』のほうが先にやったほうがよさそうな雰囲気なので先にやるかもしれない。二冊とも入手済み。

 というわけで、すでに後に引けない(金を出して買ったのでやめるともったいない、という意味で)ので、しっかりやっていきたい。
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM