UTC7642(LMF-501T同等品)でラジオを製作



 先日制作しうまく聞こえなかったゲルマラジオのキットであるが、これを秋月電子で買ったときに、ついでにUTC7642とかいうワンチップAMラジオICも買っていたのである。

 UTC7642はミツミのLMF-501T同等品だそうで、三本足のトランジスターのような形のものである。100円で四本入りとすこぶる安い。一本、25円。



 同調回路に使うコイルは330μHくらいのものであれば、マイクロインダクターみたいなのでも大丈夫らしい。ということでこれも買ってきた。同じく秋月で10本入り100円。



 ふつうはバリアブルコンデンサとかいうのを使うらしいが、ここもトリマコンデンサでも行けるらしい。個人的には一局専用ラジオというのにひかれるので、これでいくことに。写真の30pFのほかの60pFなども購入。



 容量調整用に33pFの積層セラミックコンデンサー。



 こんな感じに作った。

 回路は「ラジオ用3端子IC・LMF501Tの研究」を参考にした。マイクロインダクターとトリマコンデンサを使った以外は基本回路Aというものと、同じ。部品もすくなく非常にコンパクト。

 この状態で聞いてみると、ザーという音が聞こえるものの、放送は受信できないみたい。



 そこでアンテナとアースをつけてみると…問題なく受信成功。アースはいらなかったのかも。ただし、いくつかの放送局が混戦しており、チューニングしてもあまり変化がない…

 んー。問題はなんだかよくわからんがコイルなのかなあ…マイクロインダクターじゃ微妙なのかも。



 ということでバーアンテナを買えばすんなりいきそうなのだが、ここはやはり自分で蒔いてみたい。ということで、後日ポリウレタン銅線を買ってきた。0.2mm、20mで200円。



 調べてみるとフィルムケースに100回くらい巻けばいいらしい。ということで100回巻く。中点タップをつければ調整が聞いていいらしいのだが、よくわからなかったので、タップなし。



 マイクロインダクターをとっぱらってこの自作コイルをつけて聞いてみる。アンテナなしでも問題なく受信できるし、マイクロインダクターに比べて混信も少ないのだが、それでもやはり混ざっていてかなり気になる。ただし、気にしなければ問題なくしゃべっている言葉などは聞き取ることができる。ただし選べる局があまりない。

 NHK第一と、ほかに謎の中国語放送や、AFNっぽいものなどが聞こえるのだが、一番よく聞こえるのがNHK第一なので、とりあえずこのラジオはNHK第一専用ラジオにしようかと考えている。

 音量はセラミックイヤホンだとちょうどいいか、ちょっとうるさいかもというレベル。消費電流は「ラジオ用3端子IC・LMF501Tの研究」にあったデータとほぼおなじ0.3mA〜0.4mAくらいと超低消費。単三アルカリ電池一本いれておけば、電池をつけっぱなしにしていても半年くらいは持ってしまうはず。

 あとは、ちゃんとしたケースにいれようか、それともそのまえにもう少し改造を加えるか検討中。まだ、3つICがあるし、ポリウレタン線もあまっているので、ほかにつくってみてもいいかもとおもったりもしている。次はTBSラジオ専用ラジオとか、AFN専用ラジオとかつくってみたいところ。
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM