FinePix REAL 3D W3が9月に発売

フジの3DカメラReal 3Dに新しいバージョンが!

2009年8月発売の「FinePix REAL 3D W1」に続く3Dデジタルカメラ第2弾。信号処理能力を強化した「リアルフォトエンジン3D HD」を搭載することで、3Dハイビジョン動画のオート撮影が可能になった。最大記録解像度は1,280×720ピクセル。フレームレートは24fps。なお、従来モデルW1の動画記録は、最大640×480ピクセル/30fpsだった。

 3D撮影の仕組みはW1を継承。2つCCD、2つの光学ズームレンズで同時記録を行なうもので、2Dでの記録も可能。立体感の度合いを調整できる「視差調整機能」も備えている。

 W1に引き続き、背面液晶モニターによる本体のみ、専用メガネなしでの3D鑑賞に対応する。液晶モニターは3.5型ワイド115万ドットの「プレミアムクリア3D液晶」。従来モデルは約23万ドットの2.8型だった。微細な凸レンズを並べて両眼視差を生み立体感を感じさせるレンチキュラーレンズ方式を採用することで、画面のちらつきやクロストーク(2重写り)を抑えたという。さらに従来モデルより明るさを約1.5倍、色再現性を約1.8倍に向上させた。

 本体のHDMI mini出力はHDMI 1.4(3D)に対応。別売のHDMIケーブル(ハイスピード対応)を使うことで、3Dテレビへの接続が可能になる。また、対応ソフトをインストールした3Dパソコンでの再生も可能。

 そのほかの主な仕様はW1と共通。撮像素子とレンズの仕様はW1と同等。有効1,000万画素の1/2.3型CCD、光学3倍ズームレンズを搭載する。35mm判換算の焦点距離は約35-105mm相当、開放F3.7-4.2。マクロモードでの最短撮影距離は、3D時が約38cm、2D時が約8cm。

富士フイルム、3Dデジカメ第2弾「FinePix REAL 3D W3」 - デジカメWatch

 前のものとセンサーとレンズは同じだそうだから、ソフトウェア的に改善がはかられたってことか?

 なんといっても解像度が1280x720にアップしたのが売りかなあ。デザイン的にも前の無骨な感じからやや丸みを帯びた感じになっていて、いいんじゃないかとおもう。

 これが発売されることによって、旧版のW1がドンと中古市場に出回り、価格もドンと下がることを期待したい。そしたら買いたいなあ、と思ったりする。

FUJIFILM 3Dカメラ FinePix REAL ブラック F FX-3D W1
富士フイルム (2009-08-08)
売り上げランキング: 3404



 前のやつは背面液晶がけっこう見づらかった印象があるのだけれども、改善されているというので、どれくらい見やすくなるのかが気になる。
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM