自作PC(10) まとめ

 完成した初代自作パソコン。構成と価格をまとめると…

--------------------------

CPU:Celeron Dual-Core E3300 BOX(4500円くらい)
マザーボード:Foxconn G41MX-F 2.0(3980円)
メモリ:TEAMジャパン、TEDD2048M800C5DC 1Gx2(4783円)
ハードディスク:Hitachi/IBM HDS721050CLA362、Deskstar 7K1000.Cシリーズ、7200rpm 500GB(3932円)
DVDドライブ:HP 1260i(2980円)
ケース(電源含む):(5220円)

合計価格:25395円

---------------------------

 となった。CPUの価格だけ忘れてしまったのだけれども4500円位だったと記憶している。

 はじめて自作してみたので感想などをいつくか書いていく。

■むずかしさ

 半田ごてもニッパも必要なく、必要なのはドライバーぐらいで、パーツをくっつけていくだけなので、「自作」という感じはしない。「組み立て」といったほうが語感としてはしっくりくる(といっても「自作PC」といういいかたが普通になってるのでこれをつかうが)。とにかく非常に簡単。

 自作にかかる時間としてはパーツ知識の修得と、パーツの選択と購入、組み立て後のソフト面の調整のほうがはるかに時間がかかる。組み立てなどはほんとうに時間としてはごくごくわずか。

■費用

 気になっていたコスト面だけれども、自作すると安いともいえるし、安くないともいえる。どういうことかというと、PC自作自体を楽しいと思える人には安いし、PC自作自体を楽しめないひとには高い。

 コストパフォーマンスだけを求めてPCを自作しようと思ったら絶対にやめたほうがいいとおもう。安くできる場合もあるとは思うが、楽しめないならそれに見合った見返りはないと思う。

 パーツを選んだりいろいろ知識を得たり、という点に楽しみを見出せるタイプであれば安いといえると思う。私は十分に楽しめたので満足してる。

■反省点

 十分な知識がないままに買ったのでいくつか反省点がある。まずマザーボードはもう少し上のものを買ってもよかった。メモリがDD3のものにすればよかったのではないかと思ってる。

 あとはケース。これも安さ重視で選んでしまったけれども、予算を1万円くらいまで広げたうえで、店頭でよく見えて買えばよかった。べつにいまのケースも悪いケースではないとは思うけれども、さらにいろいろカスタマイズしたり、ということを考えるともう少し高めのものでもよかった。

 
■関連記事



コメント
完成おめでとー

でもまぁ、おいおいとカスタマイズするときに良いものに変わっていったら良いやんね。

とても興味ぶかい記事でした。

ええもん見せて頂いてありがとうございました☆
  • アニマルバー
  • 2010/08/03 1:13 AM
アニマルバーさんコメントありがとうございます。
いろいろカスタマイズしていきたいとおもってます。
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM