ミニカーからすべてを学んだ

ミニカーからすべてを学んだ

森永卓郎『ミニカーからすべてを学んだ』を読んでみた。

私はミニカーはコレクションしていないけれども、なんでもかんでも集めたがる傾向があるので気持ちはよくわかる。いや、ミニカーも集めてないことはない。ジュースのオマケを集めているので、ジュースのおまけとしてついてきたミニカーが30〜40台くらいはある。

アマゾンの書籍情報では「人生から世界経済まで」と副題にあるけれども、本の表紙には「ミニカー棚の作り方から世界経済まで」となっている。とにかく、こむずかしいことは書いておらず、ひたすらミニカーコレクションにまつわる話。

ミニカーコレクションにはまるまでの経緯から始まり(ウィーンでの幼少期の生活が収集の原点らしい)、とにかくずっとミニカーの話。苦労して手に入れたミニカーの話なんかが面白い。

たとえば、アーティスト(イエローモンキー)のライブ限定のミニカーを手にいれるためにファンの掲示板に書き込んで総攻撃にあった話とか、献血でもらえるミニカーをもらうために、会社の人に協力を要請したりとか、なかなか笑える。

ミニカーからすべてを学んだ ―人生から世界経済まで―
森永 卓郎 エイ出版社 売り上げランキング: 219389


ところでコレクション、といえば、かなり以前に読んだ『マニア解体新書』という本。

山田五郎のマニア解体新書
山田 五郎 講談社 売り上げランキング: 453532
おすすめ度の平均: 3.5
4 マニアの気持ちをつまみぐい3 マニアとは何か4 マニアの世界の奥深さ


この本は「マニア」がテーマでコレクションがテーマではないんだけれども、さまざまなマニアックなコレクターがでてきておもしろかった。

こういった本をよんで思うのは自分は「コレクター」資質がないんだなあ、ということ。

森永卓郎にしても『マニア解体新書』に出てくる人にしてもコレクション対象をコンプリートしようという欲求がすごく強そうに思える。コンプリートすると手放すことはなかなかしづらくなるから滅多にしない。

私の場合は、いろいろ集めてはみるものの、コンプリートしようという欲求は少ないし、完璧なコンディションを保とうという気持ちもあまりない。集めたものの一部を手放すことにもあまり抵抗はないから売り払ったりする。こういうのはコレクターとは到底言えないと思う。

じゃあ、なんなのか?ただモノが好きな人かな?

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM