フルカラーLEDを光らせてみた

フルカラーLEDマクロ

EP204K-35G1R1B1-CAというフルカラーLED(の拡大写真)。

秋月電子通商で100円で購入。安い。

大型の高輝度のフルカラーLEDです。
■赤・緑・青の3原色が大型パッケージの中に入っています。
■全色点灯で白色LEDとしても使えます。
■さらに強力なハイパワー品I-00800もあります。
■LED内部にレンズとリフレクタを搭載(PRARLIGHT社特許)
※青は静電気・高電圧に弱いです。
※放熱対策必須、放熱対策をしっかりお願いします。また標準電流では光が非常に強力です、点灯確認は15〜20mA程度をおすすめします。

というもの(秋月電子のサイトより)。

そのままではブレッドボードに指して遊ぶことができないので、ユニバーサル基板とピンヘッダーをつかって以下のようにちょっと加工した。

使ったユニバーサル基板はエレキジャック誌についてきた基板にオマケ的についていたもの。放熱に問題があるけれどもまあ少し遊ぶくらいなら大丈夫でしょう。

100円RGB-LED

100円RGB-LED



これをArduinoにつないで、赤→青→青+緑の順でピカピカさせてみたんだけれど…



上にかぶせているのはフィルムケース。

抵抗入れるの忘れたためにArduinoの5Vが直撃。青と緑はまだいいとして、赤はちょっと壊れたかも…(光が弱くなってしまった)

そろそろもうちょっとちゃんとした実用的なものをAruduinoで作りたい…
■関連記事



コメント
このLEDですが、秋月の販売ページ(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00684/)ではタイトルに35mAなんて付いていますが、実際は連続点灯が20mAであり、35mAはパルス点灯の限界の電流の事です。
要は普通のLED(5mmや3mm等のもの)と同じものです。
私も一度本当に連続で35mA対応だと思っていましたからね。データシートを見なければ完全に騙されてしまいます。

因みにほぼ同一形状の150mAx3のもの(http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00800/)は連続点灯が150mA、パルス点灯が200mAとの事です。

普通パルス点灯はマイコン経由でやる事が多いので、データシート上の輝度や順電圧等は連続点灯で示しています。

秋月も今回のLEDでの35mAが連続点灯ではないのに気付いていないのでしょうか…。
>実際は連続点灯が20mAであり、35mAはパルス点灯の限界の電流の事です。
要は普通のLED(5mmや3mm等のもの)と同じものです。
私も一度本当に連続で35mA対応だと思っていましたからね。データシートを見なければ完全に騙されてしまいます。


ほんとだ!データーシート見たら確かに通常の点灯では20mAになってますね。秋月が気づいてないっぽいですねえ、これは…
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM