ArduinoとTA7291PでDCモーターを動かす

arduino dc motor

LEDをピカピカさせたあとはあまりいじってなかったArduino。

せっかくなのでなんかしようということで、ArduinoとモータドライバIC「TA7291P」でDCモーター(マブチモーターのRE280というの)を動かしてみた。

可変抵抗器(ここでは半固定抵抗だけど)を動かすことによって回転の方向と速さを調節できるというもの。

といっても自分でどうにかできないので、検索してみかかた以下のページのとおりにやっただけ。

建築発明工作ゼミ2008: Arduino 小型DCモータ/TA7291P

非常に丁寧な解説と図がついているので間違えることなく一発で動きた。



これを利用して作りたいのがあったのだけれども、よくよく考えてみたらあんまり意味ないような気がしてきた。

ちなみに上の動画をとったのはDSC-WX1。なかなか画質がいい。

Arduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 1571
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM