エスタロンモカ錠とエスタロンモカ12の違い

エスタロンモカ箱

 エスタロンモカというのはエスエス製薬からでている無水カフェインの錠剤で、眠いときに飲むとカフェインが効いて眠気覚ましにやくだつもの。

 何事もできるだけ我慢しないで生きることをモットーにしている私は頭が痛く慣ればすぐに頭痛薬を飲むようにしているし、眠いけど眠れない状況の時にはこのエスタロンモカを飲むようにしている(眠れない状況でも我慢せずに寝るのがほんとうの我慢しない生き方か)。

 むかし死ぬほど退屈だけど、ぜったい寝てはいけないバイトの時に飲み始めたのはきっかけ。

 で、このエスタロンモカの錠剤には二種類ある(ほかに内服液もある)。
 ひとつは「エスタロンモカ錠」というもの(下の画像)。

エスタロンモカ錠

 もうひとつは「エスタロンモカ12」というもの(下の画像)。

エスタロンモカ12

 違いはなにかというと、まず「錠」のほうは24個入り、「12」のほうは20個入りであるということと、「12」のほうは、ビタミンBなんとかがいろいろはいっているということ。

 「錠」のほうは「一回一錠を一日三回まで」とあるのに対して、「12」のほうは「一回二錠、一日二回を限度として」とあること。

 ビタミンのせいか価格は、「12」のほうが高い。

 いましらべたところあるネットショップでは、24錠の「錠」が300円にたいして、20錠の「12」のほうは357円だった。

 どちらもひとつぶあたりのカフェインの量はかわらなくて100mgなので(一回あたり2錠)、とにかくカフェインを安く摂取したい、というひとには、「錠」がいいということになる。

裏面

中身

 中身はこんなかんじ。

 ネットで調べてみると、「エスタロンモカ大量摂取」という恐ろしいページがあり、一気に12錠とかのんでいるのだけれども、そこの筆者は「経験上から言うと、1錠では効きません、ハイ。大体、コーヒー1杯飲んで効果が感じられる人はいない筈。ここは3錠飲みましょう。コーヒーで。3錠+コーヒーで確かな意識変容を感じられます。大体30分程度経過したらです。」と書いている。

 私もコーヒーを毎日飲むのでカフェインに耐性ができてるとみえて、一錠じゃ効き目はあまりなく、二錠のむようにしている。

 飲むと効き目が出てくるのにはやはり30分くらいかかるので、場合によっては眠くなりそうな30分くらい前に飲んでおく必要がある。
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM