ノートPCのバッテリーパック分解第二弾

TOSHIBA PA2487U G
JUGEMテーマ:分解したよ
PA2487U G

Dell Li-ion 36
DELL Li-Ion 36

 ノートPCのバッテリーパック分解第二弾。

 第一弾「ノートパソコン用バッテリーを分解」で書いたようにニッケル水素電池だったけれども第二弾はリチウムイオン電池である。

 リチウムイオン電池は扱いが難しくて恐ろしいし(以前電池を爆発させた経験があり、さらにYouTubeでLi-Po炎上動画をみてから恐ろしくて仕方がない)、現状充電する手立てが無いし、ということで分解するつもりはなかったのだが、電池パック一つが50円で売っているのを見かけて思わず、2個買ってきてしまった。

 ひとつは、TOSHIBA PA2487U G、もうひとつは、DELL Li-Ion 36というモデル名が書いてある。

 まずは、TOSHIBA PA2487U G。

 調べてみるとDynabook、Satellite、Satellite Proシリーズ向け、とある。まあ壊すのでどうでも良いといえばどうでも良いのだが。あと、注意書きが英語、ドイツ語、日本語。

開いた

 カッターで隙間を何回かなぞって、隙間ができたらそこにドライバーをぐいっとねじ込むと簡単にパカっと外れた。

SONY ENERGYTEC US17670GR

 中に入っていたのはソニーエナジーテック(SONY ENERGYTEC)と表記のある緑色の皮膜も美しいリチウムイオンセル。10.8Vなので当然だけれども3本直列。それが3セット入っていた。

 テスターで測ってみると、3本は1.9V前後、残りの6本は2.6V前後。リチウムイオン電池は2.6V以下になるとダメらしいのだが、6本はぎりぎり大丈夫と考えていいのだろうか。1.9Vのほうはダメっぽい。



 次は、DELL Li-Ion 36。これは調べてみると、Lattitudeシリーズに使われているものであるらしい。注意書きは英語、フランス語、ドイツ語。

SONY ENERGYTEC US18650S

 こんどは開けるのにかなり苦労した。明らかに東芝のものより頑丈に作ってあって、とにかく苦労。

 仕方なくニッパーとペンチでぐいぐい無理やり開けた。というわけで中身だけ。

 こちらには青色の皮膜のリチウムイオンセルが入っていた。14.4Vなので4本直列でそれが二セット。メーカーは、同じくソニーエナジーテックの名前がある。エナジーテックは、現在のソニーエナジー・デバイスの前身のメーカーとのこと。

 しかし、こちらの青いのは全然駄目で、8本中3本は下の画像のようにサビみたいになっており、さらに残りの5本もテスターで測ってみると全部0.02Vとかしかない。もう完全にヘタっているようで全部廃棄処分。



 というわけで、100円でなかなか楽しめたので(分解するだけでとても楽しい)、全部捨ててしまってもいいのだけれども、やっぱり緑のリチウムイオンセルはどうにか活用したいなあ、と思う。2.6Vのほうはつかえるんじゃないか、とおもうので。

 充電方法、使用方法ともに考えなきゃいけないわけで、なかなか道は遠い。

 というより前に前にとりだしたニッケル水素電池の活用法を考える方が先かな…。すこしは考えて入るのだけれども。
■関連記事



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM