ボディウイングのソイプロテイン(チョコレート):プロテインの味の変化に驚く(4)

ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味ビーレジェンド ミルク味につづいて買ってみたのは、ボディウイングのソイプロテイン(チョコレート)

理由はとにかく安かったから。1キロでなんと2100円。(3キロで買うともっと割安になる)

ただし、これまでのマッスルフィットビーレジェンドがホエイプロテインだったのに対しこれはソイプロテイン。

ソイプロテインは吸収が遅いとか、筋トレにはホエイが向いてるとかいろんな情報があったのだが、そもそもそんなにハードにトレーニングしているわけではないのでどちらでもよかろうということで、ソイにした。

なにしろソイプロテインのほうが安いし、これでホエイと同じ感じで飲むことができれば、こちらのほうが良い。

というわけで、飲んでみたのだが…

濃い!まずい!

味は、大豆プロテインなので当然と言えば当然だが、ものすごい濃い豆乳ともいえるし、甘みゼロのキナコともいえる。

はじめはこれまでと同じように100mlの水に、20gとかしたのだが、これだとホエイとは比較にならないドロドロさ。

しかたないので200mlに溶かして飲むとかなりとろみがあるものの、まだそこそこさらさらに。

しかし、味はとにかくまずい

つぎに、牛乳に溶かして飲んでみると…

水よりはましだけれどもまだまずい。

さらに、スティックシュガーを一本入れて飲むと…

まあ、なんとか飲めるかな、という感じ。

溶けやすさは、かなり溶けやすいのだけれども、ドロドロになるのでだまになっているかどうかが分かりずらい。

そのため、どうしても小さなだまが残る感じ。

シェイカーでふってもスプーンで混ぜてもそこそこ簡単にとけるのは良いんだけど。

というわけで味の評価は。

水       :★
牛乳      :★★
スポーツドリンク:★★
水+砂糖    :★★
牛乳+砂糖   :★★★


総合評価は

溶けやすさ:★★★
味    :★★
価格   :★★★★★




ビーレジェンド ミルク味:プロテインの味の変化に驚く(3)

ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味につづいて買ってみたプロテインは、ビーレジェンドである。味は、チョコとか林檎とかあるが、そういうのではない「アミノ酸スコア100 ホエイプロテイン」とだけ表記がある一番安いもの。

前回買った、ウイダーのマッスルフィットはあまり考えずにドラッグストアで高いものを買ってしまったので、ネットで価格や評判などを調べて、よさそうなビーレジェンドを選んでみた。

溶けやすいとの評判だったのだが、シェーカーにいれて振ってみると…

ものすごい泡立つ!さらに溶けてない!

ということで、最初の二、三回は半ば憤慨しつつ飲んでいたのだが、アマゾンのレビューなんかを見てみると

ものすごい泡立つ!

というレビューと、

全然泡立ちません!

というレビューが混在していることに気が付く。これは混ぜ方の問題ではないか?ということでシェーカーを使わない方法を試してみたところ、

全然泡立たない!

やり方は、

1.コップにまず水や牛乳などを入れる(100mlくらい)
2.ビーレジェンドプロテインを入れる(20gくらい)
3.スプーンでかき混ぜる。
4.だまが少しできるのでスプーンの背でつぶす


以上である。

こうするときれいに溶けて泡立ちもゼロで非常に飲みやすくなる。

ちなみに、分量は水100mlに対して、ビーレジェンド20gくらいにするとそこそこ甘みが感じられるくらいになり飲みやすい。

これもいろいろなものに混ぜてみたのだが、水に混ぜた時と牛乳に混ぜた時の味の良さは、ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味を凌駕している。味は、バニラっぽい感じ。

味の評価をすると

水       :★★★★
オレンジジュース:試してない
牛乳      :★★★★
スポーツドリンク:★★★

といった感じ。

溶けやすさ:★★★★
味    :★★★★
価格   :★★★★

シェーカーで豪快に混ぜられないのがちょっとマイナスといえばマイナスではあるものの、味、価格はとても良いと思う。



ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味:プロテインの味の変化に驚く(2)

プロテインの味の変化に驚く(1)のつづき。

最初に買ったのはウイダー マッスルフィットプロテイン ココア味である。理由は特になく、そこらへんのドラッグストアで売ってたから買った。

味はいろいろなものに混ぜで飲んだのだが、どれにまぜでも比較的うまく飲めた。

とくによかったのはオレンジジュースとのブレンド。

オレンジのはいったチョコレート菓子があるが、あれみたいな感じでなかなかうまい。

水で混ぜると味はややうすく微妙。

スポーツドリンクと混ぜると、妙な甘さが強調されていまいち。

牛乳とまぜるとまあ想像通りという感じのうまさ。

味の評価をすると

水       :★★★
オレンジジュース:★★★★★
牛乳      :★★★★
スポーツドリンク:★★★


といった感じ。

あとはよかったのは溶けやすさ。シェイカーにいれてジャバジャバふると完全溶解。泡立ちも少なくとても素晴らしい。

溶けやすさ:★★★★
味    :★★★★
価格   :★★★




プロテインの味の変化に驚く(1)

 最近10数年ぶりに筋トレを初めた。目的は痩せるためではなく、筋肉をつけるためである。しょぼいボディを変身させる為である。トレーニングを始めると気になるのが栄養。

 普通の生活をしている場合には、タンパク質が大体体重の1000分の1くらい、筋トレをしていて、筋肉の増加を目指す場合にはタンパク質が大体体重の1000分の2から3くらいとるといいらしい。自分の食生活を振り返ってみたところ、私はどう考えてもタンパク質がぜんぜん足りないことがわかった。おそらく体重の1000分の1すらとっていない。

 大きな原因は朝食を抜くことが多いこと、昼飯は外食でそばやうどんが多いこと、夜食や間食をしないこと、牛乳など飲まないこと、そもそもあまり食べないことである。典型的なパターンとして、朝抜き、昼きつねうどん、というのが良くあるのだが、これだと朝0、昼17g(もちろんこれは、店によっても変わるだろうけど、どっかのサイト参照した数値)だけである。夜に45gくらいとらねば、体重の1000分の1ラインすらクリアできないこととなる。体重の1000分の2などは夢のまた夢的な数値である。

 というわけで、タンパク質をもっととるためにはどうしたらよいかを考えると、やはりサプリメントとしてのプロテインを取ろうという結論に達した。食事のみで十分な量に達するには、ほかに脂肪や炭水化物の摂取量も増えてしまうという問題もあるし、金銭的な面もふくめてなかなか難しいと考えたからである。

 とりかたとしては、朝にだいたい15グラム、夜寝るちょっと前に15グラム、トレーニングした日はトレーニング直後に15グラムということにしている。これだけで、トレーニングしない日でも30グラムの追加となり、トレーニングした日には45グラムの追加となる。これだけでも、だいぶましだが、さらに普段の食事でもタンパク質を多めにとるように意識している。

 これでおそらく、ここ最近は80グラムから120グラムくらいは毎日タンパク質を摂取しているのではないかとおもう。これでなんとか最低ラインは満たしているのではないかと思う。

 ところで、私は大学生のころに少し筋トレをしていたことがあり、その時にプロテインを飲んでいた。といっても長続きせず半年も続けることはできなかったのだが。

 で、プロテインは何を買ったかはもう覚えていないのだが、どっかの有名なメーカーのホエイプロテインだったような記憶はある。そしてとにかく溶けにくくまずかった記憶ものこっている。そんなわけで、久しぶりにプロテインを飲み始めるにあたってもその味のまずさを覚悟していたのだが、飲んでみたら…うまい。しかも良く溶ける!と驚いたのである。



 

1

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM