本革USBメモリーケースを製作

ステッチンググルーバーを購入

トラベラーズノート風セブンイレブンノートカバーを本革で製作」でも書いたように渋谷の東急ハンズに行ったのだが、そのときにステッチンググルーバーも購入した。

これを使ってなんか作るう、ということで、小さくて簡単に作れるものは何かないかと周りを見渡してUSBメモリーケースでも作ることにした。

革製USBメモリーを製作

USBメモリーに合わせて適当なサイズに革を切り取る。カッターマットは100均で買った。これは絶対にあったほうがイイ。さらにいうならば、100均のは小さいのでもっと大きいのをそのうち買うつもり。





大きさは、4cm x 18cmといったところ。





ステッチンググルーバーの登場。なかなかコツがいることが分かった。やや立て気味にするとイイみたい。あとこの革だと革の厚みが足りない気がする。

コバの処理

コバの処理。例によってトコノールを塗ってこする。



張り合わせてみる。



菱目打ちで穴をあけていく。



後は縫うのみ。久しぶり、というか縫うのはレザークラフトキットを購入して二度目だが、まずまずかも。縫い終わりの処理が難しい。



コバ。コバ処理剤のコーバーはどうもきれいにできない気がするので今回はやめた。このあとさらに磨いてだいぶきれいになった。





ふたはどうやって止めるか迷ったが輪ゴムで止めるだけ。とりあえずこれで完成。とおもったが…

改造

ふたにあたる部分がペラペラなのが気に入らないのでちょっと改造を加えることに。



小さい革をぬいつけて完成。




トラベラーズノート風セブンイレブンノートカバーを本革で製作(2)

100均 ゴムひも

輪ゴムではなんなので100均でゴムひもを買ってきた。



こんな感じに。

コーバーを購入

コバ(側面)の処理はトコノールを磨いたのだが、なんとなく満足できなくなったので、コバ処理剤のコーバーを購入した。セイワ(SEIWA)というメーカーのもの。

渋谷に行く用事があったので、ついでに渋谷の東急ハンズによって買ってきたんである。渋谷の東急ハンズのレザークラフトコーナーはとんでもなく充実している。

とおもって調べてみたら、渋谷の東急ハンズのレザークラフトコーナー=セイワのお店みたい。



塗ってみたところ。



なかなかきれいに塗れているように見えるかもしれないけれども、よくみるとムラが気になる。

できた

とりあえず完成。

トラベラーズノート風セブンイレブンノートカバーを本革で製作(1)

トラベラーズノートを見てたら買って以来一個作った後(Kindle 3用革ケースの製作)はまったく使っていなかったレザークラフト用具を使ってなんか作りたいという気持ちがよみがえってきた。キンドルケースを作った時に買った革も余ってるし。

オルファカッター

というわけで、まずはオルファの「たちナイフ」とか定規を購入。前回まっすぐ切るのに意外と苦戦した記憶があったので。



作るのはこのセブンイレブンのノート用のカバーにすることにした。NOTE PAD SIZE Sとかいうノート。ステッチングが面倒なので、トラベラーズノート風のカバーを構想する。



まずはサイズ通りに切り出す。カッター用のマットがなかったので紙の上で切ったけれども、これは大間違い。このあとカッター用のマットを買ったが、やはりカッター用のマットは絶対にあったほうがイイ。下手したらけがをする。



こんな感じの大きさ。合わせてみたらちょっと小さすぎたので、やり直してもう一枚切りなおした。よく考えて型紙をつくってからきればよかった…上の画像はやり直したほうのが革。

 やり直す前のほうが革のいい部分を使えたので、しわとかなかったんだが…

トコノールで処理

次に毛羽立っている面(トコ)の処理。トコノールを塗って木片でこすった。

綺麗になったとこ

こんな感じになる。特に問題なし。

ロータリー 穴あけポンチ

次に穴あけポンチで穴を裏面にあける。穴あけポンチはロータリー式のモノでこれもこの製作のために買ってきたのである。

トレベラーズノート風に

輪ゴムを入れてみた。

トレベラーズノート風に

とりあえず、ノートをいれれ輪ゴムで止めてみた。雰囲気は悪くない。下は買ったほうのトラベラーズノート。

「トラベラーズノート風セブンイレブンノートカバーを本革で製作(2)」につづく

Kindle 3用革ケースの製作

Kindle 3用のケースを買い忘れたのでレザークラフトに挑戦する」の続き。

 やっとのことでKindle用の革ケースが完成。はじめてのレザークラフトなのでとにかく面倒で複雑なことは省きシンプルを目指した。



 500円で買ってきた革をカット。作るのはKindleケースというかただの袋。



 サイズはKindleがちょうど収まるくらい。



 次に接着剤で端っこをとめる。つかったのはボンドのGクリアーとかいうもの。



 とめた。微妙にずれた…。



 乾燥させて、この状態でとりあえずKindleを入れてみるとなかなか良さそうな雰囲気。



 次に菱目打ちで縫うための穴をあけていく。



 あとは縫うだけ。といってもコツコツ毎晩10分くらい縫って何日かかけてやっと完成。



 縫い目。はじめて試しに縫った時にくらべてはるかにきれいにできて満足している。

 コツとしてはとにかく縫い方のマニュアルに従って行うことだとおもった。手順をしっかり把握して、それをきちっとまもることが大切だとおもった。

 この後、側面(コバ)にトコノールを塗ってこすって処理した。あまりきれいにならなかったが…

 初めてのレザークラフトをやってみて思ったのはレザークラフトは基本的にはチマチマした作業なので、飽きるということ。電子工作もはんだ付けなどはチマチマ作業だけれども、とりつけるパーツにバラエティがあるし、作業時間もレザークラフトに比べ、意外とすくない。レザークラフトはまったく同じ作業がかなり長時間続く。ということで、個人的にはそれほど面白さは感じなかった。つくるなら木工のほうがだいぶ面白い。

 ただし、出来上がった作品を見るとまた作りたくなる。このキンドルケースはどう考えても超簡単作品で、手抜き作品で、低クオリティなのだが、それでも本物の革でできているだけで、そこそこの存在感がある。まず、革の手触りと革のにおいだけでいい気分になる。

 人に見せてみても初めての作品にしては意外といいじゃん、との評価だった。少し慣れればそれなりのモノが意外と簡単に作れそうな気もする。

レーシングポニー

 ところで、革を縫う時に縫いやすくするために革を挟んで固定する道具としてレーシングポニーとかいう道具があるのだけれども、もちろんそんなのは持っていない。

 最初はそんなのイランと思ったのだけれども、とにかく何かでしっかり固定しないと非常に縫いにくい。サイトによっては足で挟めば縫える的なこともあるのだけれども、私の場合はかなりつらいと感じた。

 とはいえ、レーシングポニーわざわざ買うはずもない。そこで二枚の木片で挟んだ上で股に挟んでやってみたところかなりやりやすいことが分かった。

 調べてみるとレーシングポニーは自作しているひとも結構多いみたい(こことかこことか)で、簡単につくれるので継続的にレザークラフトをやるようんらば作ってみてもいいかもと感じた。

Kindle 3用のケースを買い忘れたのでレザークラフトに挑戦する

 先日Amazon.comより購入した電子書籍端末のKindle 3であるが、同時にケースするのを忘れた。実際に忘れていたのであるが、もし忘れていなかったとしてもAmazon.comで購入したかどうかは怪しい。なぜなら結構高いからである。純正のレザーカバーのものが59.99ドルもする。本体が、139ドルだから半額近い。といっても、この純正品はライトも内蔵していて質感も高そうであり、それを考えると高くないのかもしれん。

 とにかく、ケースを買い忘れたのだが、純正品を注文して買うのは送料手数料その他を考えればちょっと却下せざるを得ないし、純正品以外のケースは、日本ではあまりうってないのではないだろうなあ(と調べもせずに思っただけ)。

 でも革のケースっていいよなあ、ここは革でいっちょケースをつくってみたい。レザークラフトに挑戦してみたい。というか、以前からやってみたかったレザークラフトをやるいい口実がちょうどできたというのが本当のところ。



 革の素材がどこで買えるのかは全く分からなかったのだが、ちょっと調べると日暮里の繊維街がでてきた。日暮里といえば私の家からも結構近く、確かにそういうお店がたくさんあった記憶がある。興味がないと思い出しもしないんだな、とか思いつつ日暮里へと向かった。



 ちょっとブラッとするとすぐに革がたくさんある店が見つかった。And Shoes日暮里店というところ。革は二階とある。上の画像が二階のレザークラフト用のコーナー。充実している。ここでちょっと話をきいて初心者向けの工具セットとハギレを購入。



 こちらが初心者向けの工具セット。手縫い基本セット。株式会社協進エル。三千円ちょっと。



 なかみはこんなん。ほかにここにうつっていないがゴム板もついてきた。



 買ってきたハギレ。499円。



 別の店でトコノールとかいうのもかった。これもレザークラフトに必須らしい。隣にあるのはハギレその2。これは100円。



 試しにやってみたもの。

 まずは、革を適当な大きさにカット。革は意外と柔らかくて伸びたりするのできれいにぴったりのサイズに切るのは意外と難しい。

 次に、菱目打ちというもので革に穴をあけ、それから糸で縫っていくわけだけれども、縫いの作業が非常にたいへん。たったこれだけをやるのに結構な時間がかかった。さらに見ての通り汚らしい出来具合。

 これは前途多難だな、とおもいつつ、数日後Kindle 3ケース作りに取りかかったのだった…

 ところでKindle 3ケースだが調べてみると廉価で(1,920円)なかなか評判のよさそうなものが日本でも普通に手に入ることが判明。

Amazon Kindle3専用フェイクレザーケース
幡ヶ谷カバン製作所 売り上げランキング: 1876


 んー良さそう(笑)

1

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM