シェルフリンクスで簡易棚を自作

たいぶまえになるけれども、部屋の余っているスペースに棚がほしくなり、シェルフリンクスで自作してみることにした。

シェルフリンクス

シェルフリンクスというのはこんな感じのモノ。2x4材を簡単に組み合わて、いろいろ作ることができるという便利アイテム。

シェルフリンクス

基本2x4でつくることになっているみたいなのだが、そんなに頑丈じゃなくてもいいし、ということで、天板の部分にはあまあっていてた1x4を活用することにした。脚になる部分はもちろん2x4(2x4でないと組み立てられない)

木材カットは以前かった、ソーガイドを活用した。1x4くらいだと簡単にカットできる。

シェルフリンクス

ところが1x4だと付属のタッピングが長さオーバーで使えないことが判明。

シェルフリンクス

しかたなく2cmのタッピングをホームセンターで購入。

シェルフリンクス

あとは電動ドリルでバリバリと組み立てていくだけ。簡単簡単。

シェルフリンクス

完成。とても簡単。

天板に1x4を使用していることもあり耐荷重が若干心配だけれども、がたつきもなくかなり安定している印象。全体重(60kg)をかけてみてもとくに問題なかった。

高さは以前作成した「パイン集成材とSPF材で簡易デスク」と揃えてあり、とても使い勝手が良い。

自作の利点はやはり自分のすきなサイズで作成できるところ。こんな中途半端なサイズのものは市販にはない。

塗装は、めんどうなのでとりあえずはなしということにした。

プリンター台を作った(未完成)



 先日購入したキヤノンのレーザープリンターLBP3000が地面に直置き状態。一刻も早く台がほしい。ということで、まだ未完成なのだけれどもとりあえずプリンター台を作ったのだった。塗装ももちろんしてないのだが、今後するかどうかも考えていない。

 使った木材は182cmのSPFの1x4(ワンバイフォー)4本くらい。トータルコストは1000円以下。安いような気もするのだがけれども、カラーボックスが1000円くらいで売られている時代なので果たしてほんとに安いといえるのかどうかは微妙。というかコストパフォーマンスだけを考えるなら絶対にDIYしないほうがいい。



 設計(笑)。一番下にプリンター用紙をいれるスペースをつくり、二段目がプリンター。一番上はいろいろおけるようにしたのだが、とりあえずシュレッダーを置いてみた。棚の部分は乗っけているだけで固定していない。今後固定するかどうかまだ考え中…

 幅をぎりぎり作ったのだが、ぎりぎりすぎて、組立後に初めてプリンタを入れた時は入らないかと思った。

 高さは上の画像では61cmだけれども実際は60cmにした。60cmにしたのは182cmのSPF材を三等分して使ったため。つくってすぐに気付いたけれどももうちょっと高さがあってもよかった。何も考えずに作るとこうなる。



 一番上にあるシュレッダーは最近買ったもの。Asmix HC452CDとかいうの。

パイン集成材とSPF材で簡易デスクの製作

 もうひと月以上前になるのだけれども、部屋のデッドスペースに置くための簡単な机を作った。こういう日曜大工にかんしては経験・知識はまったくないので、いろいろ調べて設計をしてからが良いのだろうと思うのだけれども、思い立ったらすぐにやりたくなる性格のために、ほとんど事前の計画もたてないで木材を購入し、製作した。



 まず購入したのはパイン集成材。理由は木目がなかなか美しそうだったから。90x30x15で1500円くらいだったかな。これを天板につかう。

 脚は1x4にすることにした。このときはまだマイターボックスソーガイドも買っていたなったので、ホームセンターでカットしてもらった。



 で、上の画像のような感じになった。けっこうひどい。適当にネジをつかったりボンドをつかったり…実際の使い心地は言うまでもない気もするが後述する。



 次に塗装だけれども、上のようにいくつか塗料がある。一番左のハピオセレクト水性シリコン塗料は別用途に以前かったけど使っていない物。左から二番目の工作用ニスはダイソーでとくに用途も考えずに買ったもの。その隣がALESCOの油性カラーニスはこの机用に買ったもの。

 最初は油性カラーニスにしようとおもい、うすめ液で薄めて塗ったのが以下のとおり。



 このまま重ね塗りをしていけばなかなか綺麗に出来上がりそうな予感もするのだが、あまりにもシンナー臭くてこれを繰り返すのは無理と判断。屋外でやればいいのだろうけれども、寒いし。ベランダ狭いし。

 ということで、ハピオセレクト水性シリコン塗料で塗ることに。これは水で薄めて使えるもので臭いも殆ど無い。塗りやすくい。二度塗りして塗装は終りにした。本当はヤスリがけしたりすればいいのだろうけれども、どうせどんなに綺麗に塗装したところでガタガタだし…と半ば投げやりな気持ちで塗ったのだが、思ったよりも綺麗に仕上がった。



 ↑こんな色。端っこの部分しか写していないのはすでにモノを乗っけていて移動させて撮影するのがめんどうだったからです。上の画像に見えるように2x4材も一部に使っているんだけれども、汚い断面が見える位置にでているという適当さ。

 肝心の使い心地なんだけれども、横方向の揺れにはものすごく弱くて、かるく指で押すくらいの力でもゆらゆらする感じ。1x4をつかった脚が非常に貧弱に感じられる。そもそも1x4を使うのが間違っているんだろう。補強が明らかに足りない気もするし、どうみてもダメなんだけれども、まあいいや。

 つぎはちゃんと設計してつくろうと反省中。ってこれスピーカー作った時も思ったし、何かを作るたびにまいど思ってるんだな…

失敗作を展示するホームセンター



 とあるホームセンターでみかけた製作例。

 ひのき縁台で、「若干失敗してます…」とのことなんだけれども、実際にすわってみるとすごいガタガタ。「若干失敗」の範疇にいれていいのか疑問なレベル。

 まあ、このいい加減さは個人的には好きだけど。

センチュリーLCD-4300U用、サブモニタホルダーの製作



 ホームセンターで小さい木のブロックの詰め合わせみたいなのをうっていたのでかってきた。





 なにに使おうか…とおもったときに思い出したのはこれ。センチュリーのサブモニタLCD-4300U。だいぶ前にもらったのだけれども、あまりつかっていなかった。つかっていなかった理由のひとつが安定性。



 こんな感じで、ひとつの足で支えられているのみ。ちょっとでもケーブルに触ってしまったりするとすぐに倒れたり動いたりしてしまって困ってしまい、けっきょく使わなくなっていた。



 そこであまっていた木片と買ってきた木のブロックで簡単なモニターホルダーをつくってみることにした。



 こんな感じにLCD-4300Uに合わせてブロックを配置して、木工用ボンドで固定。



 簡単に完成。結構安定しており満足。これからつかっていこおうかなあ、とおもっている。って写真のピントが合ってませんわ。


センチュリー 液晶ディスプレイ LCD-8000U
センチュリー (2009-02-07)
売り上げランキング: 3297


1

Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM