REALFORCE 91UBK-Sを買った

2015年はブログまったくかかなかったなあ。

というわけで、もう昨年のことになるのだが、ついに至高のキーボードと言われる東プレのリアルフォースを手に入れた。

リアルフォースにもいろいろあるが、私が入手したのは、91UBK-Sというモデル。

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

静音で、黒。

テンキー無し。

私、ここにいたるまでに幾多のキーボード遍歴を経てきたなかで、リアルフォースが最高だという評判は何度も聞いていたし、実際に、ヨドバシカメラ秋葉原店やビックカメラ新宿店やビックカメラ池袋店でタイピングしてみてその良さにウットリしたことも一度や二度ではない。

そして、いつもリアルフォースが欲しいほしいと思ってきた。しかし、いつもその物欲は、容赦無いプライスタグが弾き返してきた。

しかし、これまでのタイピング歴そして、これからも多数のタイピングをするであろうことを考えた時、至高のキーボードを入手しても良いのではないか、いや、入手すべきではないかと思うに至った。

そしてついに購うに至ったわけである。

いつ買ったか。覚えていない。睡眠不足でぼっーとしていたある日、気づいたら購入したいた。ネットで。

ヨドバシカメラとビックカメラにはさんざんお試しタイピングさせてもらっているのにごめんなさいの気持ちである。

で、箱から開けるとその重さに圧倒された。この重さは物理的な重さだけではない。心理的な重さとでも言おうか。ついに手に入れてしまった。ついに買ってしまった。最高峰を手に入れてしまったという精神的な重さである。

物理的な重さは、キーボードの圧倒的な安定感を生み出している。

ガタツキや歪みは一切なし。どれだけ叩こうともリアルフォースは死ぬほど安定してる。

外観は安っぽさはないものの、極めて地味である。地味すぎる。

リアルフォースを知らないものからすれば、1000円以下の安物キーボードと何ら違いはない。左上に付されたREALFORCEがさり気なくそのブランドをアピールしている。

タイピング感に関してはもはや何も言うまい。

このタイピング感は、いくら言葉を尽くしたところで伝えられないからである。

実際にお試しタイピングしてみて初めて分かる、そいうたぐいのものである。

しかし、いまこうやって手に入れて見て感じるのは、このキーボードの真価というのは店頭でのお試しタイピングではわからないということである。

店頭でのお試しタイピングは、ヘッドフォンの店頭での視聴やカメラの店内での試写に似ている。

たしかに、どこで使っても同一のものである。しかし、その本当の違いはいつもの環境で使わないとわからないものなのである。

というわけで、大枚はたいて買ったリアルフォースであるが、私的には非常に満足している。

タイピングにこだわる諸氏にはちょっと無理してでも購入することをお勧めしたいと思います。

そいえば、以前「レトロキーボードKB-3920購入」というブログ記事を書き、KB-3920を安いのに素晴らしいと書いたが、あれはやっぱり値段なりだったなあと思っているわけである。

東プレ NG01B0 REALFORCE91UBK

レトロキーボードKB-3920購入

某所で使ったキーボードがやたら使いやすい。このキーボードはいったい何者だ、ということで調べてみたところ、KB-3920というモデルであった。調べてみるとかなり古いタイプのキーボードなようで、かなり安価に売られている。また、秋葉原でジャンクで100円とかで購入した、などという報告もけっこう多く見つけられた。私も秋葉に行ってジャンク探しでもしたかったのだが、最近無駄に忙しいためにそんな余裕もなく。ということで、普通にKB-3920をわざわざネットで探し出して購入した。結果としては、それだけの価値があるキーボードであると感じている。
個人的にはとてもしっくりくるキーボード。古きよきキーボードといった感じでとくに特徴のあるキーボードではないだけれども、それがいいところ。とても標準的。
欠点としてはかなりタイピング音がうるさいことで、静かにする必要がある場所での使用は避けたほうがいいかとおもわれる。私の場合は自宅で用いるのでまったく問題なく、むしろこの音が心地よく響く。
これからキーボードを買いたい、探している、という人に対してこのキーボードのいいところを述べるとすれば、使い心地以外には、なんといっても安いこと。私が購入したのは送料込みで1300円だったのだが、秋葉原などでさがせば前述したように100円とか200円とかでジャンクでうっているらしい。
というわけで、こんなに安くていいキーボードをゲットしてしまったことで、これからも、安くてよいレトロキーボード探したい気分になっているのだが、なにしろキーボードというのはかさばる。秋葉原でかっても持って帰ってくるのが面倒だし、買ってきたら買ってきたで、家の中で保存するのにも無駄に場所をとっているという問題があるなあ、とおもったりした。
というわけで、久しぶりにブログなんてものを書いたしまったのは、ブログを書きたいとかなんとか言うよりかは、キーボードを買ったためにただ単にタイピングしたいだけ、というわけなのである。んで、非常にキーボードが心地いいのでむだにどんどん書いてしまっている状況なのである。おそるべきKB-3920だと思うのは、購入してまだほとんど使っていない状況であるのにもかかわらず、もうすでにかなり慣れてきている間があるということ。このキーボードがタイピング世界一を記録したそうだけれども、世界一は伊達ではないとおもったのであった。

BSMLU02L(バッファローマウス)を買った



 バッファローのマウスBSMLU02Lをかった。特にマウスが必要だったわけでもないのだが、レーザー式の5ボタンマウスであるにもかかわらず680円(@ソフマップ)だったので思わず購入。



 BSMLU02Lのほかの特徴としては、DPI切替機能があって、分解能(1600dpi/800dpi)を切り替えることが可能。切り替えは、左右クリックボタンを2秒同時に押すことでできる。



 こんなスタンダードな形。接続していないのでDPIのインジケーターが光っていないけれども接続すると光る。



 「クラス1レーザー製品」らしい。



 デスクの上にあったマウスと比較。真ん中がBSMLU02L。手前が、モバイル用のLogicool M115

 BSMLU02Lはデスクトップ用途としてはちょっと小ぶりかも、という感じ。私の場合手が大きめなので、そう感じるのだが、女性なんかはちょうどいいかも。

 クリック感はロジクールRX1500よりは良くないけれども、Logicool M115よりは良い。ホイールはやや重めで、個人的にはもうちょっと軽いほうがいい。

 最大の欠点と思うのは、クリック音の大きさ。右クリック・左クリックもかなりうるさめだけれども、戻る・進むボタンはもっとうすらい。甲高い音で音が大きい。静かな環境ではけっこう気になる。



 動画をとってみたのだがわかりにくいかも。

バッファローコクヨサプライ レーザー式有線マウス USB 5ボタン シルバー BSMLU02LSV
バッファローコクヨサプライ (2008-04-26)
売り上げランキング: 30575


Logicool M115



 ちょっとマウスがほしい。シンプルなマウスが。というふうにことで、ロジクールのM115というシンプル極まりないマウスをちょっと前にかった。ノートPC用でケーブルが短いのが特徴。

 1000円ちょっとだったのだが、その後、800円とかで売っているのをみかけてちょっとショック。



 隣はブルートゥースマウスの、ロジクールM555b。大きさはほとんど同じ。

 M115とM555bを比べるとM555bは電池が入っているということもありM115のほうがだいぶ軽い。M555bは重すぎだけれども、M115は軽すぎると感じる。クリック感はM555bのほうがやはり上。とくにおおきな違いを感じるのは、ホイールの感触。

 まあ、いずれにしてもどちらもそれほど不満を感じるようなクオリティではない。



SetPoint 6.15



 ロジクールM555b用のソフトをSetPoint 6.15にアップデートした。



 なんかしらんが結構時間がかかった。

 ちょうど同じタイミングで電池もなくなったので、電池入れ替え。電池入れたのは買ったときで6月1日頃だから、三ヶ月半もったことになる。

 仕様によると「電池寿命 : 最大2.5ヶ月」なのでそれより一ヶ月もったことに。あんまり使わなかったからかな。

USBテンキーの購入と分解と修理

IMGP0419.jpg

 Inspiron Mini 10vには当然ながらテンキーはついていない。ふだんは別にいらないんだけれども、たまにテンキーがほしくなる状況がある。ということで、USBテンキーを買うことにした。

 そう頻繁に使うものではないので安いものでいいや、ということで、525円のものを購入(あきばおーで購入)。HY-TKEY-BKという型番のもの。

IMGP0422.jpg

 ハーマンズ株式会社とかいうところのもの。

IMGP0430.jpg

 こんな感じで、ふつうのテンキー。

 ところが、パソコンにつなぐと認識しない。認識しないし、LEDも光らない。ためしに他のPCで試してみたけれども、それでもダメ。

 やっぱり安物はこういうことがあるから困るなあ…返品かな…しかし面倒だな…。まあ安いものだしとりあえず開けてみるか…ということで裏ブタをはずしてみた。

IMGP0431.jpg

 こんな感じ。

IMGP0432.jpg

 USB端子に接続した状態で赤と黒のケーブルのところをテスターではかってみると、ちゃんと5Vあった。

IMGP0434.jpg

 LED。かなり適当な半田具合。

IMGP0435.jpg

 基盤がかなり汚い。

IMGP0436.jpg

 半田しなおせば直るかなあ、などと思いながらツンツンとパーツを触っていたところ、突然PCがテンキーを認識。LEDも点灯。

IMGP0437.jpg

 問題の箇所はこのR2。このR2をチョンチョンとさわるとPCが認識し、LEDが点灯した。

IMGP0439.jpg

 R2の半田を付け直せばよかったのかもしれないけれども、ちょっと面倒だったのでそのままふたを閉めた。また故障したらそんときなおせばよいか…

 テンキーとしての打鍵感などはやはり安物っぽさを感じさせるものの、まあ、ふつうに使える範囲。

エアーマウス&キーボードが面白そう

400-SKB011

 変わった商品をだしてくるサンワダイレクトから、なかなか面白げな「エアーマウス&キーボード 400-SKB011」なるものが。

マウス機能を一体化した携帯ゲーム機風デザインのキーボードで、両手で持って親指で入力操作する。パソコンにUSBレシーバーを接続するだけで使え、ソフトウエアのインストールなどは不要。マウス操作は、内蔵のジャイロセンサーが上下左右の傾きを検知して、マウスポインターを移動させる。
サンワサプライ、PCをワイヤレスで操作できる「エアーマウス&キーボード」:ニュース

 サンワダイレクトWebサイト限定商品で直販価格は1万2800円らしい。注目ポイントは傾きを検知してくれるというとこかな。

 サンワダイレクトの商品情報ページを見てみるとこんな説明が…

●ゲームコントローラー感覚でパソコンを操作出来るワイヤレスマウス&キーボードです。
●卓上でなく空中で使用可能なので、操作場所を限定されません。
●離れた位置からでも操作可能なため、プレゼンに最適です。
●動きを感知するジャイロセンサーを採用しており、本体の角度を変えることでマウスポインターを操作できます。
●キーが付いているため文字はもちろんのこと、様々なアプリケーションの操作もこれひとつで行えます。
●メールや計算機、インターネットが一発で起動できるショートカットキーをはじめ、音楽や映像再生に便利なマルチメディアキーを搭載しています。
●パソコンのUSBポートにレシーバーを差すだけの簡単接続です。
●レシーバーは本体裏面に収納可能なため紛失の心配がなく、モバイルとしても最適です。
●10秒間操作がないと省電力モードに、4分間操作がないと自動OFFとなる節電機能付きです。
●PS3やXboxでの仕様が可能で、オンラインゲームでのチャットにも最適です。

 やっぱりゲーム向きかなあ。

 レースゲームとか大画面でやったらおもしろいかもしれん。

ロジクールM555bレビュー

IMGP0330.jpg

 Inspiron Mini 10v用に購入したBluetoothマウス、ロジクールM555bが届いた。パッケージは上のような感じ。アマゾンで頼んだのだけれども、例によって無駄に大きい箱に入っていた。

IMGP0328.jpg

 パッケージ裏面。特徴などが書いてある。

IMGP0331.jpg

 こういうパッケージってほんとうに開けずらくて大変なんだよなあ、とおもったら上のような開け口が。指をつっこんで引っ張ると簡単に開封ができた。

IMGP0333.jpg

 マウスの表面は光沢のあるツルツルの素材。映り込む。

IMGP0334.jpg

 かなりかっこいいフォルム。ホンダのインサイトみたい、とおもった。

IMGP0335.jpg

 流線型が美しい。

IMGP0337.jpg

 裏面。CONNECTボタン、電源のオン・オフボタンがある。

IMGP0341.jpg

 付属品は説明書とSetPointというソフトのはいったCD-ROM。Inspiron Mini 10vはCD-ROMドライブが無いので、ドライバはネットで入手したので、封はあけていない。

IMGP0332.jpg

 バッテリーは単三電池二本。付属のバッテリーはDURACELLのアルカリ電池だった。この手の消費電力が少ないものにはエネループ(eneloop)みたいなニッケル水素電池を使うのは勿体無いからアルカリ電池かマンガン電池がいいでしょう、たぶん。

IMGP0339.jpg

 現在デスクトップPCで使用しているロジクールRX1500との大きさ比較。

IMGP0340.jpg

 むかしもらったGoogleマウスとの大きさ比較。

IMGP0338.jpg

 4つマウスを並べて大きさ比較。左からロジクールRX1500、ロジクールM555b、アキバで2年くらい前に一個980円で買った詳細不明の無線マウス、モバイル有線Googleマウス。他にも家にはあと5個くらい使ってないマウスがある…。

■設定

 Bluetoothマウスなのでつなげただけでは動かない。ペアリングが必要となる。ソフトは付属のCD-ROMは使わずに、ロジクールのサイトからダウンロードした。SetPoint6.00とかいうもの。

 次に、Bluetoothの設定。M555bのスイッチをオンした状態でBluetoothのロゴをクリックすると下のようなのが出てくる。

logicool2.jpg

 これをクリックすればペアリング完了。簡単。

 ペアリングが完了すると、SetPointのソフトでM555bの設定が可能になる。ボタンの割当なども可能。

logicool3.jpg

 ホイールの後ろにあるボタンはデフォルトでは「アプリケーションスイッチャ」というものになっている。これは複数のアプリケーションウィンドウを開いた状態でボタンを押すと以下のようにウィンドウがデスクトップにならぶというもの。

logicool4appswitcher.jpg

 Inspiron Mini 10vでもサクサクと動いた。なかなか面白いけれども、そもそもそれほど多くのウィンドウを開くようなことはないので使わないかも。

 とりあえず少し使った感想から言うと、やっぱりクリック感とかホイールを回す感覚がとても気持ちいい。上にのせた四つのなかでも一番いい。同じロジクールのRX1500と比べてもクリック感やホイールの感覚はこちらの方がわずか上と感じられる。

 Bluetoothの具合も良好。もたつきとか、動きがとまったりとかは今のところは一度もない。

 欠点は、あえて上げればちょっと重いこと。

 単三アルカリ乾電池が二本入っているので仕方ないし、わたしはそれほど気にならないのだが、気になる場合には単四電池にアダプターをつけれいれるなどすれば軽くなるのでそういう方法をとっているかたもいるみたい。

 最後にM555bのスペックはこんな感じ。

マウス本体サイズ(幅×奥行×高さ)mm : 58.0 x 99.4 x 34
マウス重量(含む電池) g : 117
カラー : ガンメタリック
センサー方式 : 不可視レーザー
解像度 dpi : 1000 (800ソフトウェアインストール無)
イメージ処理能力 インチ/秒 : 20
総ボタン数 (含む横スクロール) : 5
スクロールホイール : Hyper-fast スクローリング
水平スクロール :有
使用電池 : 単三形乾電池 x2本
電池寿命 : 最大2.5ヶ月(使用環境によって異なります)
操作距離 : 最大10m(使用環境によって異なります)
無線方式 :Bluetoothワイヤレステクノロジー
付属ソフトウェア : SetPoint™ / LCC
対応OS : Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Mac OS X 10.4以降

ロジクール Bluetoothマウス M555b
ロジクール (2009-07-03)売り上げランキング: 117


 私はアマゾンで3300円で購入。レビュー評価も高い。


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM