後輪タイヤとチューブの交換

 Y's Road池袋店でタイヤを買い、東急ハンズでチューブを買い、さあ、タイヤを交換するぞーとかおもったものの、もちろんやったことはないのでやり方がわからない。

 調べてみたところ、説明が書いてあるページやら動画やらおおくあったのだけれども、どうも私の自転車とはちょっと違うタイプがおおかったりしてよくわからん。

 私の自転車はいちおうロードバイク(変速機なし)ということになっているのだけれども、なにしろ二万円以下という価格で買ったものであり、ほんとうにロードバイクといっていいのかよくわからないシロモノである。

 とにかくやってみるか、と思ったものの工具がない。ということでホームセンターに買いに行った。



 コンビネーションレンチセットとかいうレンチセット。買った。



 8mm、10mm、12mm、13mm、14mm、17mmのセット。何ミリのものが必要なのか図っていかなかったのでわからないんだけども、これだけそろっていれば大丈夫でしょ?という適当な予想のもとに購入した。が、これが間違いだった。



 んで、後日モンキーレンチを購入。



 交換するのは後輪である。結論から言うと、とりはずすのは、上の画像では外れかけになっている大きなナットと、上の画像で右のほうにみえるナットだけ。この二つを左右外せばタイヤは外れた。

 大きなナットは14mmのレンチでは小さく、17mmでは大きすぎだった。右のほうに見えるナットは10mmのレンチでオッケー。



 取り外し完了。

 取り外したらタイヤとチューブを外す。かなり固いけれどもどうせもう利用しないわけなので強引に引っ剥がす。



 こちらがタイヤ。Panasonic Panaracer Category S 700x23cとかいう規格のモノ。軍手をはめているが、結局作業がしづらくなってこの後外した。そいえば以前、チューブのパンクを直した時にもまったく同じことをしていて、「手袋はいらない」とか書いていたのにまた同じことをしてる…



 こちらがチューブ。



 あとは頑張ってタイヤをはめるだけ。「だけ」とはいうもののこのはめる工程が死ぬほど大変であり、全行程の労力の90パーセントはこの部分にかかっている。

 あまりに硬くてあきらめたくなるくらいだったのだが、どこかのサイトで「石鹸水をつければよい」とあったのでそれをやってみたところ何とか悪戦苦闘の末にはめ込むことができた。



 結局つかった工具は上の3点。

 で、自転車は問題なくちゃんと動いているかというとちゃんと動いている。パンクもしてない。がたつきもない。

 トータルコストとしては、

・チューブ 840円
・タイヤ 1995円
・工具(レンチセットとモンキーレンチ) 1500円くらい


 というわけで、4335円くらいとなった。

 このうち工具は他の用途にもいろいろ使えるので工具代を除くと2835円となる。

 これをお店でやったらおそらく5000円から6000円くらいはかかるとおもわれる。わざわざ自分でやるのはコストを考えてという面は少なくて、やってみたいという理由が大きいのだけれども、まあ、得したとなれば気分もいいのであった。

Y's Road 池袋店へチューブとタイヤを買いに行く

 自転車のタイヤに釘がぐっさり刺さってしまったことは書いたが、修理は自分でやりたい。以前のっていた折り畳み自転車のパンク修理はしたことがあり、意外と簡単にできたし、これだってそれほど難しくないはず。

 タイヤに釘がぐっさりいってるので、これはチューブだけでなくタイヤも変えたほうがイイのではないか、ということで、タイヤを買おうと近所のホームセンターなどをみたのだが、ロードバイクに使われるような細いタイヤも細いチューブもうっていなかった。仕方ないので専門店に行くことに。



 専門店といえば池袋にあったなあーとおもいだして「Y's Road」池袋店にいってみた。

 一階と三階が店舗という面白い構成で、店内は自転車関連アイテムがぎっしり。いったいなんのパーツだかわからないものもたくさんあった。



 タイヤはこれにした。Panaracer 700x23cという規格のモノ。



 簡単パンク修理パッチみたいなのもやすかったので購入。BBB Leakfix Adhesive Tube Repair Kit。



 そのあと近くの東急ハンズに行ってる時にチューブを買い忘れたのを思い出して東急ハンズでチューブ購入。タイヤとチューブを買いに行ってチューブを忘れそうになるとはいったい…

BIKE GEARフロアポンプ



 PanaracerのポンプBFP-ANAS1がダメだったのでこれを購入。東急ハンズで1280円だった。「Tecno Sport Pump」というのが商品名?



 パナレーサーのコンパクトポンプとくらべるとけっこう大きい。重さもある。



 ハンドル部分。がっしりしていて頑丈そう。



 ゲージ付き。ゲージはやすっぽいけれども、1280円なのでまったく不満なし。



 こんな感じでゲージは倒すことができ、目盛をみながら空気をいれることができる。



 バルブに指す部分。ここも、パナレーサーのものに比べるとしっかりしてる。

 使ってみた感想は…

 しっかりしていてまったく問題なし。空気圧ゲージもあって1280円は安い。Panaracerのポンプを買わずに最初からこちらをかっていればよかった…

これ1冊でピストのすべてがわかる!Single Gear BIKE MAINTENANCE シングルギアバイク・メンテナンス (GEIBUN MOOKS No.726) (GEIBUN MOOKS 726)

芸文社
売り上げランキング: 47682
おすすめ度の平均: 4.5
4 かっこよさだけでないピストの魅力
5 やっと出ましたね。シングルの本
5 保存していつでも使える


PanaracerのポンプBFP-ANAS1はダメかも



 先日、愛用の安物ロード自転車に乗ろうとしたところかなりタイヤ圧が低下していた。

 空気を入れればいいわけだけれども、以前購入した「TOPEAK ミニ・マスターブラスターDX」という携帯空気入れは、携帯の非常用ポンプだけあって、ものすごく力を必要とする。

 夏などは汗だくになり、血圧はあがり、動悸がして息切れして死にそうになること必死。腕の筋肉はプルプルして筋肉痛にもなる。そんなんで適正な空気圧まで空気をいれるのは相当困難。というか無理。

 そこで以前からずっと買おうとおもっていた普通サイズの空気入れをやっと購入。それが上。パナレーサー「アルミコンパクトフロアポンプBFP-ANAS1」というもの。英式、米式、仏式バルブに対応している。

 「コンパクト」のとおりサイズがやや小さめであること、安かったこと、パナレーサーの名前から、まあ、変なものではないだろうということでチョイス。



 全長はみじかめ。



 握る部分。プラスチック製でやすっぽい。



 BFP-ANAS1。

●耐久性の高いアルミボディー採用、コンパクトサイズで収納便利
●最大空気圧 700kpa 
●一瞬を捉える性能、ミクロン単位の精度。製品のひとつひとつが研ぎ澄まされた工程を物語ります。その背景には、研究・開発から製造まで、一貫して常に最高の品質を追求するパナソニック ポリテクノロジーのポリシーがあります。

 とのこと。



 先端の金属の金具は仏式バルブに入れるときに使うアタッチメントで、それ以外の時にははずす。

 で、使ってみた感想だけれども…ぜんぜんだめ

 ちょっと空気圧が高くなると空気がシューともれてしまって空気がはいらない。さらにがんばって入れようとすると、変な力が加わって自転車のバルブが曲がる!

 私の使い方が間違っているのかも、とおもって説明書を見返してもみたけれども、説明通りにやっているとしかおもわれない…いちおうTOPEAK ミニ・マスターブラスターDXで仏式バルブ経験はあるわけだし…

 説明通りなら700kpaまで入るはずなのだが。不良品なのか、私の使い方が間違っているのか、よく分からないのだけれども、返品するのも面倒だし、これは家族が使っている普通の自転車用に使えばよいか、ということで違うのを購入することにした。

パナレーサー(Panaracer) アルミ/コンパクトフロアポンプ BFP-ANAS1
パナレーサー(Panaracer)
売り上げランキング: 22961


自転車対応のポータブルナビ

soninavi.jpg

 やっぱり自転車のアイテムが欲しい。

 ロードバイクをかってから自転車に乗るのが楽しすぎるのだけれども、最近走り回る場所が固定化してきてちょっと飽きてきた。なんか新しいところ行きたいが、地図を見ながらってのも結構面倒。自転車用のナビとかあんのかな、ともったらソニーからこんなのが。

ソニー、自転車対応のポータブルナビ サイコン機能搭載 - ITmedia News

 とても良さそうだけれども、ちょっと高い。

 もっと安いのはないかな、ともって調べてみたら以下のようなのが。

1GBゼンリン地図搭載 3.5型液晶ポータブルカーナビゲーション GPS PND-A3510

 ハンファ・ジャパンのPND-A3510というもので11900円。

 ただし、自転車用ではなくて自動車用。USBでも動くらしいので外部バッテリーをもちあるけば使えそう。あとは自転車にどのようにマウントするかの問題だけれども、まあ、無理やりつければいけるのではないか…。

 レビューを見る限りナビとしの性能はまずまずっぽい。さらに調べるともっとやすいのも…。

GN-350P4

 グッドラックGN-350P4とかいうもので、3.5インチ液晶ディスプレイで、しかも送料無料で10800円とか。もう売り切れてるけど。

 これも自転車用ではないけれどもバッテリー内蔵となっている。価格.comにレビューがあって、それを見る限り、なかなか悪くなさそう。

 というか車とは無縁の生活をおくっているのでこんなにナビが安いもんだとはぜんぜんしらなかった。そのうち買って見たいと思うが、買ったとしても電源が問題かなあ、とおもう…あとは、意外と邪魔で買ってもすぐにつけなくなるとかありそう…。

MINOURA SG-100N

バー2MINOURA SPACE GRIP GS-100N

TOPEAKミニマスターブラスターDXをかったついでにMINOURAスペースグリップSG-100Nというものを買ってみた。自転車にライトやメーターを付けたりするスペースを増やす目的のためのもの。私の場合は、メーターすらつけてないんだけれども、LEDライトとカメラマウント(ここにのせているもの)をつけているのでちょっと窮屈。そこで買ってみた。



こんな感じで装着するには六角レンチとプラスドライバーが必要になる。けっこう面倒なんだけれども、そのぶんしっかりと固定される。

バー

黒いものもあるみたい。

MINOURA SG-100N スペースグリップ ブラック
ミノウラ 売り上げランキング: 11182


携帯ポンプで仏式バルブタイヤに空気を入れる

仏式バルブ対応の空気入れ、TOPEAKミニマスターブラスターDXを買って早速空気を入れようとしたのだが…

いままでの空気入れと同じように使えるのかと思ったら全然駄目。

家に帰って使い方を調べて、翌日に再度やることに。せっかくなので写真もとってきた。

仏式 空気入れ

まず、携帯ポンプ(TOPEAKミニマスターブラスターDX)を用意する。

仏式 空気入れ

これが我が2万円ロードバイクの仏式バルブ部。いかにも安っぽい感じがこれからも伝わってくるかと思う。

仏式 空気入れ

キャップを外す。

出てくるのはこんな感じ。これが仏式バルブ。ピントあってないけれど。



先の部分が回るのでくるくると回し、このような状態にする。

この状態で軽く押すと、プシューと空気が抜ける。



つぎに空気入れ(TOPEAKミニマスターブラスターDX)をかぶせてちょっと力をいれる。



最後にロックレバーを引き上げてあとは頑張って空気を入れるだけ。

正直言ってそうとう力が必要となり、なかなか空気圧は上がっていかない。

どれくらい大変かというと最初7barまで入れようと思っていたのにあまりに大変で6.5Barくらいで諦めちゃったくらいに大変だった(つかれていたため。元気なら7barいける)。

しかし、あくまで緊急用途として考えると使い易くいいのではないかと感じた(アマゾンにあるレビューでも「緊急用としてはいいものである」という評価が多い)。

ところで、上の写真最後の一枚だけ背景がちょっと違うのがわかるだろうか。

これはセッティングがおわり、さあ空気をいれようとおもったらなんか異臭がするのに気づきあたりを見回すと犬のフンが。それで仕方なく移動したから。飼い主、責任もってください。

TOPEAK ミニ・マスターブラスターDXを購入

TOPEAKTOPEAK MINI DXG MASTERBLASTER

ロードバイクを買ったら必要になるのは仏式バルブに対応した空気入れ。ロードバイクのタイヤと言うのは普通のタイヤとちょっと違っていて普通の空気入れじゃ空気が入れられない。

あと、ロードバイクのタイヤと言うのはふつうのモノより空気圧がとても高く、空気圧の管理が重要になるそうで、タイヤ圧を知ることのできるゲージが必要らしい。

これらのことは自転車を買う前にわかってはいたのだが、自転車と同時購入し忘れていてやっと買った。買ったのは携帯式の「TOPEAK ミニ・マスターブラスターDX ゲージ付(PPM044/TMD-2G)」というもの。2400円くらい。

TOPEAK2

TOPEAK ミニ・マスターブラスターDXはこんな感じ。結構しっかりしている感じで、安っぽさはない。

特徴などはアマゾンによると、

・押した時も引いた時もエアーの入るデュアルアクション
・最大120psiまでの高圧可能
・耐久性に優れたアルミチューブ使用
・インライン ゲージ付
・フレーム装着用クランプ付
・ダストキャップ付
・L243mm
・195g


TOPEAK3

伸ばすとこんな感じ。

ゲージ

こんな感じで小さいながらもゲージがついていて、タイヤ圧がわかる(ピントあってないなあ) 。

取付具

ドリンクホルダーにつけられるプラスチックのパーツも付属している。



アマゾンでも結構評価は高い。

実際につかった感想は次の記事(携帯ポンプで仏式バルブタイヤに空気を入れる)で。
JUGEMテーマ:ロードバイク総合




Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM