コシナからF0.95のレンズ

 明るいレンズマニアにとって、「0.95」という数字は特別なものではないかとおもう。なんといっても明るいレンズの歴史に燦然と輝くキヤノンの50mm F0.95がある。さらには、ライカのノクチルックスのF0.95。私なんかには到底手の出ない両レンズだけれども、「0.95」と聞くだけで思わずグッときてしまうものがある。

 そんなわけで下記のニュースを目にしたときには思わず「おおおおっ!」と声をあげてしまった(さすがにウソです)。

価格.com - コシナ、F0.95のマイクロフォーサーズ用レンズ

 そして「価格は95,000円(税抜)」の部分を見てさらにびっくり。0.95といえばベラボウに高いことを想像していた私は、思わず「ええええっ!」と声をあげてしまった(これもウソです)。

 95000円なら実売価格はさらに下がるはず。それでも高いことには変わりはないが、一般人がなんとか手に入るレベルの価格になるだろう…

 APSサイズのセンサーを持つデジカメに比べた場合のマイクロフォーサーズの欠点のひとつとして、被写界震度が深くなってしまうことがあったが、その欠点を十二分にカバーすることのできるレンズといえるんじゃないかとおもう。

 明るいレンズを選択する理由はなんだろうかと考えた場合に、最大のものはやはり被写界深度の浅さ(つまりボケ)を得る為ではないかとおもう。もうひとつはシャッタースピードを稼ぐためだけれども、昨今の高感度デジカメではここまでの明るさはそれほど必要とされないのではないかとおもわれる。

 このレンズを使って何をとりたいか考えたときには、やっぱり動画じゃないかとおもう。動画撮影機能のついたマイクロフォーサーズ機であさーい被写界深度の動画をとってみたいなあ。

格安の85mm大口径 サムヤン85mm F1.4 Aspherical IF

samyan.jpg

 最近はレンズなんて高すぎで買えないので興味が薄れ気味だったのだが、デジカメウォッチに面白いレンズがでていた。

 サンヤンという韓国のメーカーのレンズで、85mmの大口径。しかも安い。

今回は、5月28日に国内でも発売となった韓国のレンズメーカー「サムヤン」(Samyang Optics)製の「85mm F1.4 Aspherical IF」(2万9,800円前後)を紹介したい。なお、同時に取り扱いが始まった同社製の「8mm Fisheye CS」も後日レビューする予定だ。

 サムヤンとは聞き慣れないメーカー名だが、それもそのはず。同社製レンズはこれまで国内ではほとんど流通していなかったが、このたび新東京物産が正規輸入を開始。一部のカメラ店などで購入できるようになった。サムヤンは1972年の創業。もともと監視カメラ(CCTV)用レンズのメーカーで、一眼レフカメラ用レンズを手がけるようになったのは数年前から。ちなみにサムヤンは「三洋」と表記するが、三洋電機とは無関係とのことだ。

サムヤン「85mm F1.4 Aspherical IF」 - デジカメWatch

 85mmの大口径といったらフィルム時代からポートレイトの定番的なスペック。しかし、どのメーカーからのものも非常に高くて私なんかには手がでなかった。それが新品で3万円とは法外に安いといっていい。

 記事にある実写画像をみてもぜんぜん悪くないんじゃないか、とおもう。

 レンズ自体のデザインダサさ(なんかキンキラしている)や、サポートがどうなのかとか、実際に入手性はどうなのかとか不安なところはいくつかあるんだけど、それらを差し置いてもこの安さはいいなあ、とおもう。

 あと、このレンズ以上に気になるのは「後日レビューする予定」という8mmの魚眼レンズ。こちらは安かったら本気で購入を検討する。その前にレンズを取り付ける一眼デジを買いたいんだけど…(いまもってるK100DとistDL2はさすがに古すぎる)

宙玉レンズ

Make Tokyo Meeting 05で注目されていた「宙玉レンズ」が市販されるらしい。2100円。

中央にアクリル球の付いた透明板をレンズとして使用することで、被写体が空中に浮かぶ玉の中に閉じこめられたような描写を楽しめるレンズ。アクリル球部分は魚眼レンズのような映りになる一方、その周囲は大きくぼける。22〜23日に開催された自作イベント「Make:Tokyo Meeting 05」でも販売していた。

 販売するのは、アクリル性の透明円板にアクリル球を接着した部品。レンズとして使用するには、カメラに合わせた工作が必要。工作方法については上原ゼンジ氏のWebサイトで公開している。工作次第でコンパクトデジタルカメラにも使用可能。透明球にピントを合わせる必要があるためマクロ機能が必要だが、マクロ撮影ができないレンズの場合にはクローズアップレンズの装着などで対応できる。

マミンカ、被写体を球体に閉じ込めて写す「宙玉レンズ」 - デジカメWatch

 Make Tokyo Meeting 05でも売られていたとは知らなかった。2100円というのは微妙といば微妙な価格。玉付きのアクリル板をどのようにセットするかという問題も残る。



 こちらは作者の上原ゼンジさんによる動画。

Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

SigmaからAPS-Cサイズ対応の超超広角ズームレンズ「Sigma 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」がでるらしい。

APS-Cサイズ相当のイメージセンサーに特化したデジタル専用レンズとして、世界初の焦点距離を謳う超広角ズームレンズである。前方にグッと飛出した半球面の前玉は、これまでの超広角ズームでも見受けられなかったほどの迫力で、このレンズを特徴づけている部分だ。価格は9万9,015円。キヤノンおよびシグマの両マウントが用意されている。ニコン、ソニー、ペンタックスの発売時期は未定となっている。

 ワイド端8mmの焦点距離は、魚眼レンズである同社4.5mm F2.8 EX DG Circular Fisheye HSMを除き、今までAPS-C用のデジタル専用レンズにはなかったものだ。どのメーカーも申し合わせたように、最短焦点距離はこれまで10mm止まりである。8mmと10mmをくらべた場合、数字としてはわずかな違いしかない。しかし、得られる画角の違いは思った以上に大きい。35mm判に換算するとより分かりやすく、8mmは12.8mm相当に、10mmは16mm相当の画角となる(いずれもキヤノンマウントの場合)。

シグマ「8-16mm F4.5-5.6 DC HSM」 - デジカメWatch

35mmフィルム換算12.8mm相当というだけで興奮してしまう。

 同じくSigmaから「12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL」というフルサイズ対応のレンズが出ているが、このレンズのAPS-Cサイズ版ということだろう(APS-C版の方が12.8mmとわずかに狭いけど)。

 12mmというとコシナがフォクトレンダーブランドで出しているUltra Wide Heliar 12mm F5.6というのもある…

 これより広角というと8x10をカバーする60mmのハイペルゴンが思いつくがこれは確か8mm相当だったとおもう(レンズマニアで有名なブログ「感染ルンです。。。」に記事があった)。あとはピンホールカメラを自作すればそれ以下の超超広角もいちおう可能だろうと思うが…

 と、いろいろ無駄に知識があってもとてもじゃないが10万もするものは買えないのが悲しいところ。そもそもこのレンズキヤノンとシグママウントでしか現状ではでないらしいし…。



SIGMA MACRO 50mm 1:2.8

SIGMA MACRO 50mm

ひさーしぶりにレンズなどを購入(中古)。買ったのはSIGMA MACRO 50mm 1:2.8。マニュアルフォーカスのレンズで、若干曇りあり、とかでかなり安く買うことができた。

現行のSigma Macro 50mm F2.8 EX DGのページを見てみると、

1990年に開発した MACRO 50mm F2.8は、等倍撮影のできる標準レンズとして、非常に高い評価を頂きました。その後、EXシリーズの標準マクロレンズとして1998年に登場し、多くの方にご好評頂いております。その光学性能に更に磨きをかけ、デジタル一眼レフカメラにも最適な性能を発揮できる様に設計を一新致しました。

とあるのだけれども、おそらくこの1990年に開発した、というのがこのレンズじゃないかと思う。最短撮影距離は0.19mくらいで、等倍撮影が可能。



以下は、このレンズでかなり適当に撮影した脈絡の無い作例。カメラはペンタックスK100D。



TRU-PLAN 303mm F3.3発見

本日(2月3日)、新宿東口駅前のアルプス堂(ブログ)というカメラ屋に行ったところ、TRU-PLAN 303mm F3.3という巨大なレンズが5000円で売ってました、ジャンクで。

こんなへんなレンズの情報、さすがにネットにもないかも、とおもって検索したらバッチリありました。

ツルプラン エンブライティド 303mmF3.3: お散歩写真館

ここによると「幻灯機のレンズ」らしい。

ここには実写画像も。

マイクロフォーサーズカメラ+ライカ M マウントアダプターによるマニュアルレンズレビュー

マイクロフォーサーズのカメラはそのフォーマトからマウントアダプターをつけてさまざまなレンズを付けて遊ぶのに適しているわけですが、B-log Cabin TPさんのブログでライカ M マウントアダプターをつけて使ったさまざまなレンズがレビューされていました。以下のページはそのまとめのページになってます。

B-log Cabin TP: マイクロフォーサーズ - ライカ M マウントアダプターによるマニュアルレンズ遊びまとめ(追記2010年1月)

このページを見つけてトータルで数時間見てしまった…

使われているカメラは…

Panasonic Lumix GF1
Panasonic Lumix GH1
Panasonic Lumix G1
Olympus E-P1

レンズは…

Carl Zeiss Biogon 28mm f2.8 ZM
Leitz Elmar-L 35mm f3.5
Leica Summilux-M 50mm f1.4
Voightlander Nokton 50mm f1.1
Carl Zeiss Biogon 28mm f2.8 ZM
Carl Zeiss Biogon T* 35mm f2 ZM
Leitz Summaron L 35mm f3.5
Rollei Sonnar 40mm f2.8 HFT
Carl Zeiss C Sonnar T*1.5/50 ZM
Summicron 50mm f2 沈胴 L マウント
Voightlander Color-Skopar 35mm f2.5 PII
Voightlander Nokton Classic 40mm f1.4
Leitz Summaron 35mm f3.5
Voightlander Super Wide-Heliar 15mm f4.5
Leitz Elmarit-M 28mm f2.8
Leitz Summicron-M 35mm f2

などなど。

 どれもちょっと私には買えないような高いレンズ。うらやましかー。

ニッコールレンズシミュレーターが便利

 ニコンの英語版のサイトにこんなんありました。「ニッコールレンズシミュレーター」というもの。日本のサイトには多分今はない。

 ・Nikkor Lenses Simulator

 焦点距離による写り方の違いが一発でわかるというもの。FXフォーマットとDXフォーマットに対応していて、それにあうレンズも一発でだしてくれる。

 要は「30mmレンズということはこのフォーマットだとフルサイズ換算45mmくらい、ということは画角としては…うーんとどんなかんじだっけ?」といったことが一発でわかるというもの。



 上の画像では、焦点距離10mmのDXフォーマット対応レンズをDXフォーマットのカメラに付けていることを表している。



 焦点距離のところはスライドさせて変えることができる。上の画像では150mm。

 ここでは、レンズ(左側)がDXで、カメラ(右側)はFXフォーマット。



 さらにレンズも表示してくれる。上の画像では、オートフォーカス、DXフォーマットで、10から50mmの間にある単焦点レンズを表示させている。

 うーん、便利かも。


Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM