2017年 ドイツ語 一ヶ月

とにかく続けることを第一の目標にして継続していきたい。やりたいことをやり、時間もとくに決めないが、とにかく毎日ドイツ語に触れるということを目標にする。

 ということで、いまのところほぼ毎日欠かさずにドイツ語に触れている。やる気が落ちないように、いくつかテキストを買った。

最効率! 例文で覚えるドイツ語単語
これは会話を中心にして、五級から三級までの単語を学習できる単語集。音声はダウンロード式。音声の読みの速度が早く感じられる。会話表現を覚えられるのでなかなか良い。2014年に買った森泉『“独検”3・4級必須単語集』もよい単語集なのだが、会話表現があまりない感じなので両方使うといいかもと感じる。

会話と作文に役立つ ドイツ語定形表現365
これはまだやっていないが、例文が非常に多くあるので良さそうである。

Deutsch voran! ドイツ語、もっと先へ!
これもスキットを中心にして学習していくパターンなのだが、主人公が日本人学生でドイツ語を先行する落語愛好家で、ドイツ語で落語をやったりするというマニアックな設定。ほかにも全体的にマニアックな内容なのが少し微妙なのだが悪くはないのではないか。後半は東京大学のドイツ語入試問題とその解答(訳)。ただし、詳細な解説はとくにない。

 現在は、『ドイツ語で楽しむ日本昔ばなし Japanische Volksmarchen』と『最効率! 例文で覚えるドイツ語単語』の音声を聞くのが中心。机に向かって勉強している時間は、一ヶ月合計しても2、3時間しか無いと思う。ある程度内容を掴んだものを、ひたすら聞いているだけ。たまに気が向いたときにシャドーイングをしようとしているが、まだ難しいことも多い。とにかく毎日ドイツ語に触れるということを目標にしているのでとりあえずはコレで良し、としている。

 私はどちらかというと文法をしっかりやって、単語を覚えて、それから文を読んで、という古いタイプの外国語学習方法が好きなタイプなのだが、そのような方法はとくに独学の場合けっこうきつい。ということもあり、今回はあえて違うタイプでやってみようと思っている。違うタイプとはある程度内容を掴んで、あとはそれをひたすら聞く、という方法。文法をしっかり理解しようとしたりは、ある程度になって気が向いたらにしようと思っている。

 ある程度長期的な目標の一つとしては、小説を読もうと思っているが、そのために、ハリー・ポッター第一巻のドイツ語版Harry Potter und der Stein der Weisenとアーネスト・ヘミングウェイの『老人と海』のドイツ語版Der Alte Mann und das Meerをすでに買った。無駄になることのないようにしたいなあ。



2017年 ドイツ語の春

 2014年4月にドイツ語の再学習し始めたのだが、結局、やる気が持続したのは一ヶ月程度。すぐに辞めてしまった。その後、2016年の春ごろに再びすこしだけ勉強したような…

 そして2017年、何度目と我ながら思うが、再びドイツ語を勉強しようという気になっている。

 語学の学習法についてはさまざまな事が言われているが、要は継続、積み重ね、それに尽きるように思われる。とにかく語学は継続が必要。時間の積み重ねが必要。それなりに理解できる内容のものをひたすら積み重ねていく、それ以外にないのではないか。ドイツ語の大家関口存男大先生もいっている。「語学上達の秘訣10箇条」は「慣れること」これに尽きると。

 というわけで、前回のドイツ語学習計画の失敗は、この継続するということを第一にあげなかったことにある。文法を勉強して、単語を覚えて…とかそういうのは二の次である。あれをしなければ、これをしなければ、となると嫌になってしまいがちなのだ。とにかく続けることを第一の目標にして継続していきたい。やりたいことをやり、時間もとくに決めないが、とにかく毎日ドイツ語に触れるということを目標にする。

 私の過去最高のドイツ語力はおそらく大学三年のころ。その頃でも大した能力ではなかったのだが、辞書の助けを借りればそれなりに新聞なども読めたような気がするが、それでもだいぶあやふやな理解だったと思う。独検でいえば、3級くらいだったのではないかとおもっている。今回は目標としては独検2級くらいを目指していきたい。



↑これを買ってみた。かんたんなドイツ語なので良さそうである。

シークレット・サンシャインをみた!

 もともと最近はあまり映画はみない。韓国映画はほとんど見たことがなかったのだが、ひょんなことから「オアシス」という韓国映画を見たら素晴らしかった。それで立て続けに韓国映画をみてみることに。このブログには映画や読書の感想は書かないことにしていて、ツイッターに書いたのだけれども、さすがに文字制限がきつい。というわけで、こちらに少しばかり書こうかと。

 「オアシス」「復讐者に憐れみを」「オールドボーイ」と続けてみて、きのうは「シークレット・サンシャイン」を見た。シークレット・サンシャインとは、主人公が住むことになる町の名前を英語化したものだそう。町の名前の意味は「秘密の陽射し」と作中でも説明がなされるシーンがあり、この作品において重要なメタファーになっている。この作品の監督が、「オアシス」の監督と同じだということは、見終わった後に知った。

 子供を殺された主人公は、キリスト教に救いを求めるが、やがてある出来事をきっかけにキリスト教を信じられなくなる。この転換となるシーン(と子供の葬儀のシーン)での主人公演じるチョン・ドヨンの演技が鬼気迫っていて圧倒される。主人公に思いを寄せる会社社長を演じるソン・ガンホの温かさもいい。

 はじめは宗教に見出した「サンシャイン」だが、ほんとうの「シークレット・サンシャイン」は近くにいた会社社長だった、というのが普通の見かただろうと思うが、それもそれほど明確に描かれているわけではない。最後のシーンで、それがなんとなくほのめかされているだけ。とはいえ、このラストシーンがとても美しい。「オアシス」でもラストシーンがとても美しかったのだが、それを思いだす。

 キリスト教徒がおおい韓国でこのようにキリスト教を扱うことは、なかなか勇気がいったことではないかと思う。

赤外線改造したCanon IXY Digital 930 IS

 アキバでジャンク状態のCanon IXY Digital 930 ISを購入し、それをIR化改造してみた。ここでいうIR化改造とは、IRカットフィルターをとって、代わりにIR透過フィルターを入れることをさします。

 この手の改造だと補正フィルターをいれないとピントが若干ずれるのだけれども、最近のフィルターが薄いせいかとくに問題が感じられるようなピントのずれはないように思える画質が得られた。

 ただ改造の過程でケーブルを断線してしまいタッチパネルが効かなくなってしまった。ただし、使用上はとくに問題なしなのでよかった。そのうち、さらなる詳細については、「デジタルカメラで赤外線撮影」のサイトにアップする予定。

 あとは、フィルターとしては、NEEWER IR760を買ってみたが、安い割にはまずまずだった。以下は、赤外線改造したCanon IXY Digital 930 ISによる作例。なかなかシャープでしょ。








Huawei 302HW(STREAM S)を購入して一か月



SIMフリーでStream Sを使う

以前使っていたスマートフォンが調子が悪くなったこともあり、Huawei 302HW(STREAM S)を一か月ほど前にかった。これは、ワイモバイルのブランドで出てるのだが、私は楽天モバイルのSIMを入れて使っている。アマゾンで9800円。

ワイモバイルであることの問題点は、
・電源が切ってある状態から電源オンしたときにワイモバイルのロゴが表示される
・ヤフー関係のソフトがプリインストールされており、削除できない

くらいかな。

個人的には、ヤフー関係のソフトは特にいらない。なんかしたら消せるかもしれないけれどもそこまで問題はないので消してはいない。

良いところは、
・安い(なんといっても9800円)
・軽い(驚くほどかるい)
・薄い(驚くほど薄い)
・電池の持ち良い(意外といい)

悪いところは、
・ややもたつくときがある(なれれれば気にならない)
・カメラの画質が悪い(人によっては十分かも)

くらいかなあ。
ちなみに私はゲームは全くしないのでゲームとかしたらどうなるかは不明。

といっても、9800円という価格を考えると非常に安い、安すぎと思えるくらいである。






マウスコンピューターのスティック型PC、MSNH1を購入

MS-NH1購入




 マウスコンピュータ Windows 8.1 with Bing搭載スティック型PC MSNH1を購入した。以前からスティックPCはほしいと思っていたのだけれども、安いものを見つけたと思ったら売り切れてしまっていたりしてなかなか入手できなかったり。今回アマゾンを見ていたらなかなか安いのがあったので購入した。買ったのは、マウスコンピューターのスティック型PC、MSNH1。

 CPUはIntel Atom CPU Z3735F(1.33GHz)、メモリは2GB、ストレージは32GBと、スティックPCのスタンダードな構成。最近のはCherry Trailのものがでてきていて、ちょっと高いけれども、スペックを求めるのであればそれがいいでかと。

 マウスはあまっていたブルートゥースマウスを、キーボードは優先のメカニカルキーボードを接続。いま気付いたけれどもキーボードとPC本体の値段がほとんど変わらない。マウスを合わせたらそっちのほうが高いという。

 ディスプレイは、これもまた余っていた17インチのモニターを使用した。ただし、HDMI入力端子がなかったので、HDMI→VGAのアダプターを買った。これが2030円と意外とした。

Windows 10へアップグレード

 もともとはWindows 8.1 with Bingなのだけれども、セットアップをするとすぐにWindows 10へのアップグレードを求められたのでWindows 10へ。ダウンロードしたのは2.2GBくらいだったか。回線速度の問題でやたら時間がかかったものの一晩で終了。

 使ってみるとやはりスペック的には貧弱で、いろいろと軽量化の設定をしてみたものの、ブラウザでちょっとタブを多く開いたりするとけっこうすぐに重くなってしまったりしました。とはいえ、普通のブラウジングにはとくに問題なし。動画もAtomは再生支援が入っているということでふつうの画質であれば問題がない模様。

 これを使い始めて気付いたのは普段使っているPCがいかにうるさいかということ。完全無音は、やはりいいなあと。普段使っているもんだってそんなにうるさいほうではないのだけれども…

 ある程度用途を絞ったうえで買うならとてもいいのではないかと。個人的にはとっても満足している。

 以下、ツイートのまとめなど。
















Twitter

Twitterボタン

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ワンセグチューナークイックサンQIS-D100を購入
    かずや
  • 電池が激しく液漏れ
    名無し
  • Windows Vistaの電話認証でMicrosoftに電話
    lisa
  • ロジック回路学習LED順次点灯キット
    友山幸雄
  • grub rescueからの修復
    よくあるのね
  • LEDテスター
    かず
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もりりん
  • iPod touch用の4極プラグマイクを自作
    もかどわ
  • 秋月電子で買ったステレオイヤホンはSony MDR-E0921
    ダグさん
  • grub rescueからの修復
    rescue!

recent trackback

links

profile

BP

ぱーつ

あわせて読みたいブログパーツ


search this site.

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM